不思議に満ちたユキムシの生態 | 札幌教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

011-222-4121

平日 9:30~19:00 / 土 9:30~18:00 原則日曜祝日休業

不思議に満ちたユキムシの生態

講師名 北海道大学大学院教授 秋元 信一
講座内容
秋元講師
秋が深まるとどこからともなく姿を現すユキムシ(雪虫)。和名は「トドノネオオワタムシ」、アブラムシの仲間で体長は5ミリほど、おもに東北地方から北海道に分布しています。北海道に住む私たちにはなじみ深い虫ですが、その生き方は不思議に満ちています。たとえば、「メスだけで繁殖する時期と、オスとメス両方を同時に作り出す時期がある」のはご存知ですか。ユキムシの生き方を知ることから、「交配して子を残すことの意味」を一緒に考えてみましょう。近年、明らかになったことも紹介しながら進めます。

日時・期間 木曜 13:30-15:00 09/13~09/13 1回
日程 2018年 9/13
受講料(税込み)
9月~9月(1回)
会員 2,052円
一般 2,052円
教材費
設備維持費
注意事項 ※資料代実費(100円程度)
お申込みの前に ※WEBでのお申し込みは開講日の1週間前までにお願いします。その後は電話でお問い合わせください。
講師紹介 秋元 信一 (アキモト シンイチ)
北海道大学大学院博士課程修了。北海道大学農学部助教授(准教授)を経て、2007年より北海道大学大学院農学研究員教授(生物資源科学部門昆虫体系学研究室)。2017年より日本昆虫学会長を務め、日本応用動物昆虫学会、日本個体群生態学会等に所属。2005年には日本昆虫学会賞受賞。

履歴