旧約聖書を読む | 札幌教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

011-222-4121

平日 9:30~19:00 / 土 9:30~18:00 原則日曜祝日休業

旧約聖書を読む ―『創世記』の族長物語

講師名 北星学園大学教授、日本旧約学会会長 山我 哲雄
講座内容
山我講師
この講座では、旧約聖書の創世記を、特定の信仰(ユダヤ教、キリスト教、イスラム教)の立場からではなく、人類の遺産である古代文学の一つとして、自由な立場から読んでいます。これまで、天地創造の部分から、イスラエル・ユダヤ民族の始祖であるアブラハムの物語まで読んできましたが、今期は、アブラハムの孫であるヤコブの物語が中心となります。数奇な紆余曲折を経て、ヤコブには12人の男の子が生まれ、彼らがそれぞれイスラエル12部族の祖先となります。それゆえ、今回はいよいよイスラエル民族の歴史に足を踏み入れることになります。日本の古事記などもそうでしょうが、創世記は特定個人の著作ではなく、古代民族が長い間語り継いできた伝承を後から収集、編集したものと考えられています。この講座では、ヤコブ物語を構成するいくつかの伝承を区分し、相互に比較する伝承史的分析や、それらがどのように組み合わせられていったのかを再構成する文献学的考察を取り入れながら、楽しく読み進めていきたいと思います。

テキストには、日本のキリスト教界で広く用いられている新共同訳(日本聖書協会発行)を用います。
日時・期間 土曜 14:00-15:30 10/20~03/16 6回
日程 2018年 10/20
受講料(税込み)
10月~3月(6回)
会員 11,664円
教材費
設備維持費
注意事項
お申込みの前に ※新規の方はお電話ください。詳しく説明いたします。
※継続受講の方は当月に入ってからのWEB申し込みはできません。窓口でお支払いください。
ご案内 ※『聖書 新共同訳』(日本聖書協会発行)
講師紹介 山我 哲雄 (ヤマガ テツオ)
早稲田大学大学院(宗教学専攻)修了。早稲田大学などの講師を経て現職。『出エジプト記・レビ記』、『図解 これだけは知っておきたいキリスト教』、『キリスト教入門』など著訳書多数。

履歴