万葉の旅の歌を味わう | 札幌教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

011-222-4121

平日 9:30~19:00 / 土 9:30~18:00 原則日曜祝日休業

【新設】万葉の旅の歌を味わう ―出会いと別れ

講師名 旭川工業高等専門学校非常勤講師 関谷 由一
講座内容
関谷講師
『万葉集』の旅の歌を読み進めます。律令体制の確立期であった当時の日本では、交通網や地方当時の仕組みが大々的に整備されました。万葉歌人たちも遷都、行幸従駕、地方赴任、流罪など、さまざまな折りに万感を込めて歌を詠みました。今期は出会いと別れをテーマに、著名歌人から無名の作者の歌までを取り上げます。
日時・期間 火曜 13:30-15:00 04/24~09/25 6回
日程 2018年 4/24
受講料(税込み)
4月~9月(6回)
会員 11,664円
教材費
設備維持費
注意事項
お申込みの前に ※新規の方はお電話ください。詳しく説明いたします。
※継続受講の方は当月に入ってからのWEB申し込みはできません。窓口でお支払いください。
講師紹介 関谷 由一 (セキヤ ユイチ)
東京都出身。2016年3月、北海道大学大学院文学研究科博士後期課程を修了。現在、旭川工業高等専門学校、藤女子高等学校にて非常勤講師(国語・古典)。主要論文に「「羈旅歌」考」(『美夫君志』86号、2013年3月)、「柿本人麻呂「羈旅歌八首」の位置」(『国語国文研究』144号、2013年12月)ほか。北海道大学国語国文学会、上代文学会、萬葉学会、美夫君志会に所属。

履歴