戦後ヨーロッパ史 冷戦後の動向と流れ | 札幌教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

011-222-4121

平日 9:30~20:00 / 土 9:30~18:00 原則日曜祝日休業

戦後ヨーロッパ史 冷戦後の動向と流れ ―2日間講座

講師名 北海学園大学教授 松尾 秀哉
講座内容
松尾講師
ユーロ危機、難民危機、多発する自爆テロ、イギリスのEU離脱、ポピュリズム(反EU)の台頭…。21世紀に入り混乱が続くヨーロッパの動きを念頭に、冷戦後の歴史と展望について考えてみます。
日時・期間 水曜 10:30-12:00 10/11~11/08 2回
日程 2017年 10/11
受講料(税込み)
10月~11月(2回)
会員 4,104円
一般 4,104円
教材費
設備維持費
注意事項 ※資料代実費
お申込みの前に ※WEBでのお申し込みは開講日の1週間前までにお願いします。その後は電話でお問合せください。
講師紹介 松尾 秀哉 (マツオ ヒデヤ)
東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。博士(学術)。聖学院大学政治経済学部教授等を経て、現在北海学園大学法学部教授。専門は比較政治学、ヨーローッパ政治。特にベルギーを中心とした小国の政治、連邦制の比較政治、キリスト教と政治、生命倫理の比較政治。主著に『紛争と和解の政治学』(ナカニシヤ出版、2013年。臼井陽一郎との共編)、『物語 ベルギーの歴史』(中公新書、2014年)、『連邦国家ベルギー ― 繰り返される分裂危機』(吉田書店、2015年)等。日本政治学会、日本比較政治学会、日本国際政治学会等に所属。

履歴