「神の代理人」となったローマ教皇 | 札幌教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

011-222-4121

平日 9:30~19:00 / 土 9:30~18:00 原則日曜祝日休業

「神の代理人」となったローマ教皇

講師名 北海学園大学非常勤講師 木下 憲治
講座内容
木下講師
本来、神の代理人ではなく、イエスの一番弟子であったペテロの代理人にすぎなかったローマ教皇が、「神の代理人」を名乗るまでの皇帝との戦いや、皇帝に代わってヨーロッパに君主として君臨するようになったローマ教皇のふるまい(教皇の三重冠や紋章の意味)などを見ていきます。さらに、ローマ教皇の絶頂期に始まった免罪符の発行の中に、教皇没落の眼が隠されていたことにも言及します。
日時・期間 金曜 10:30-12:00 02/08~02/08 1回
日程 2019年 2/8
受講料(税込み)
2月~2月(1回)
会員 2,052円
一般 2,052円
教材費
設備維持費
注意事項
ご案内 ※資料代実費(100円程度)
講師紹介 木下 憲治 (キノシタ ケンジ)
北海道出身、2000年北海道大学大学院文学研究科西洋史専攻修士課程修了、06年同大博士後期課程修了、博士(文学)学位取得。07年から北海道大学専門研究員、北星学園大学非常勤講師。専門は西欧中世史(中世初期)。

履歴