社員募集(新卒・社会人) | 採用情報 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

社員募集(新卒・社会人)

正社員募集 ― 採用情報

募集要綱

【応募資格】
すでに4年制大学を卒業された方(45歳未満、職務経験不問)
【入社時期】
2018年8月上旬を予定しますが、相談に応じます。
【業務内容】
社会、歴史、思想、文芸、科学、音楽、美術、語学、健康、伝統芸能、生活芸術など、多様なジャンルの講座企画・立案、講師交渉、受付、顧客対応、広報媒体作成、教室設営などの運営全般。企業からの受託や提携して行う事業も含みます。

応募方法

【提出書類】
次の書類を締切日までに下記の送付先へ郵送してください。
1.履歴書(写真貼付)
朝日新聞社・ベネッセコーポレーションが実施する語彙・読解力検定の準2級以上の資格を有する方は筆記試験を免除しますので、必ず、合格認定証の写しを提出してください。
2.作文 600字以内(400字詰め原稿用紙2枚に記述)
テーマは次の①②のいずれかを選択

①「私の一押し」
 他人に最も推薦したいことを書いてください。薦めたいものは、人物、場所、モノ、娯楽、食など何でも構いません。
②「つなぐ」
 「つなぐ」をキーワードに、自由に書いてください。

【締切日】
2018年6月22日(金) 必着
【送付先】
〒530-0005 大阪市北区中之島2-3-18 中之島フェスティバルタワー18階
朝日カルチャーセンター中之島教室 管理部採用担当係

選考プロセスとスケジュール

【書類選考】
履歴書、作文をもとに書類選考を行い、選考を通過された方には、随時1次面接と筆記試験の通知をします。
【1次面接と筆記試験】
6月下旬に1次面接と筆記試験を行います。
具体的な日程は調整して決定します。
※語彙・読解力検定の準2級以上の合格認定証を有する方は筆記試験を免除します。
【2次面接】
1次面接、筆記試験を通過された方に対して2次面接を実施します。
【採用の決定】
7月下旬までには採用決定を通知します。

勤務地

中之島教室
〒530-0005 大阪市北区中之島2-3-18 中之島フェスティバルタワー18階
京都教室
〒604-8005 京都市中京区河原町三条上ル 京都朝日会館8階
芦屋教室
〒659-0093 芦屋市船戸町4-1-408 ラポルテ本館4階
川西教室
〒666-0033 川西市栄町25-1 アステ川西3階
くずは教室
〒573-1121 枚方市楠葉花園町14-1 京阪くずは駅ビル3階

待遇と勤務

【初任給】
20万円以上
【昇給・昇格】
昇給年1回、昇格適宜
【賞与】
業績に応じて支給
【交通費】
自宅から勤務地までの公共交通機関の最短ルートで定期券代全額支給
【残業等手当】
あり(就業規則、法令に則る)
【就業時間】
1日8時間(休憩1時間を含む)シフト制 週40時間以内
【休日・休暇】
週休2日、長期休暇(年末年始、夏季)・年次有給・慶弔休暇・特別慰労休暇
【保険・福利厚生】
雇用保険、社会保険に加入。健康保険は朝日新聞健康保険組合に加入しており、同組合の直営・契約保養所や契約スポーツ施設などの利用が可能
問い合わせ先
【朝日カルチャーセンター朝日JTB・交流文化塾】
担当:管理部採用担当係
06-6222-5222
月~金曜 10:00~18:00

こんな仕事です

思い立ったら、くるっとイスを回してちょっとミーティング。会話からいろんなアイデアが

講座数は年間6000

全国14教室で開かれる講座は年間で約6000を数え、国内最大級です。お客様の関心はどこにあるのかをアンケートしたり、新聞や新刊の図書から、最近の社会情勢や文化の動向をさぐったりしています。いろいろな角度から考え、ディスカッションするところから講座が生まれています。

【社員のひとこと】
「講座のアイデアを、いつも話し合っています。アイデアが形になり、お客様が熱心に受講される様子が見えると、いちばん手ごたえを感じます…」


外国語講座は30の国と地域

講師とスタッフ

イタリア語会話の講師と打ち合わせ。事前準備は入念に

講座のテーマも大切ですが、レッスンの進め方、作品の提出方法、絵画のクラスならカリキュラムやモチーフ選び、語学ならテキストは何がよいかなど、お客様が受けたくなるような講座にすることも大切です。講師のみなさんと相談しながらすすめています。

【社員のひとこと】
「私の担当する外国語は講座数が多く、よくわからない言語もありますが、世界の言葉や文化への好奇心と、お客様に紹介したい、という気持ちで講師のみなさんとのコミュニケーションをがんばっています…」


教室運営

次回はいよいよ野外でスケッチ。「こちらに現地集合です」

教室運営

毎回、講座がスムースに流れるようセッティングなど計画を立て、教材を準備しています。絵画や音楽、健康や茶道、時事問題など、講座内容への理解が欠かせません。

【社員のひとこと】
「新しくお迎えするお客様には特に、注意深くご案内しています。教室の使い方やカリキュラムなどをご説明し、不安なくご受講いただけるよう努めています。楽しんでご受講され、続けていらっしゃると、とても嬉しくなります…」


受講者への対応

「ご受講の講座は18号教室です」。接客は迅速・丁寧に

新宿教室の受講者は1日1000人

受付や教室で、お客様からのお問合せを受けたり、講座の感想を伺ったりする機会もたくさんあります。お客様の声がヒントとなって生まれる講座もあります。

【社員のひとこと】
「お問合せの受付では、お客様のご要望に合う講座がみつかるよう、教材やサンプルをご覧にいれながら詳細をご説明しています。教室はもちろんですが、野外スケッチや見学会に同行してお客様の熱心さに触れることも…」


新規事業開拓

講座運営のノウハウを生かし、セミナーやイベントの企画も受注

新規事業開拓

朝日カルチャーセンターの仕事は、教室内の講座にとどまりません。セミナーや、提携イベントの企画も受注し、全国で展開しています。教室でのノウハウを生かした新しいビジネスは、これからさらに増やしていく計画です。

【社員のひとこと】
「企業や自治体、関連会社などの方々とのお話は刺激になります。世の中のニーズを捉え、会社の強みを考えながら相談していくと、思わぬ新しいアイディアが生まれたりして、ワクワクします。企業の協賛を得られなければできない、大きなイベントも経験できます…」


講座担当者を交え、講座紹介特集紙面の割付(レイアウト)を話し合う

広報宣伝

朝日新聞社のグループ会社である当社は、新聞紙面を通じて講座を紹介できる点が強みです。首都圏5教室の場合は、講座が入れ替わる四半期ごとに新聞一個面を丸ごと使って講座を紹介しています。新宿教室では、千数百もある講座のなかからどれを掲載するか、教室長や広報責任者、講座担当者らによる「紙面会議」で決めており、自分が作った講座を売り込むチャンスです。記事は各講座の担当者が執筆しており、文章力も問われます。

【社員のひとこと】
「私の文章が、新聞の記事になるなんて思っていませんでした。未だに自信がないので、講座のことを表現できているか、間違いはないか、と何度も推敲を重ねています。新聞用の原稿は緊張の連続ですが、記事を読んだ方から受講の申し込みがあると、ほんとうにうれしいです…」


講師と企画の打合わせ。気持ちを伝えることを心がけます

働きがい

どんなライフステージにあっても、生き生きと仕事に取り組めるよう、多様な社員の働き方、生き方を応援しています。教室は朝から夜まで、土日や祝日の講座もありますので、勤務はシフト制です。就業時間外なら、モニター受講制度も利用できます。多様なお客様や、講師の皆さんとのコミュニケーションが、自分自身を成長させてくれることも大きな魅力です。

【社員のひとこと】
「職場でも家でも限られた時間の中でやるべきことが盛りだくさん。忙しさに負けそうになることもありますが、お客様と子どもの笑顔に力をもらって走りつづける毎日です!…」