公益財団法人 住友生命健康財団主催

スミセイ ライフフォーラム「生きる」未来を考える~希望をもって生きるヒント                    

    スミセイ ライフフォーラム「生きる」(主催:公益財団法人 住友生命健康財団)は、各界で活躍中の方を招いて、新しい時代に生きてゆく希望と力、幸せのヒントをトークでお届けしています。

 世界派の漫画家であり、コロナをも「たちどまって考える機会」と捉えたヤマザキさんに講演いただき、また元競泳競技日本代表の松田丈志さんと希望をもって生きるヒントをテーマに対談いただきます。

 混迷を極める昨今、私たちが心身の健康を保ち、前向きに豊かに生きていくために今何が必要か考えてみませんか?

 YouTubeを使ったLIVE配信で開催。パソコン、スマートフォンでどこからでも簡単にご覧いただけます。また、YouTubeLiveのチャット機能を使用し、出演者への質問を承ります。皆様のご参加をお待ちしています。  

<日 時>2021年12月11日(土)13:00~14:10(予定)

<参加費>無料 

<プログラム>

第1部 「立ち止まって考えたこと」講演 ヤマザキマリ     

第2部 「未来を考える~希望をもって生きるヒント」 対談 松田丈志×ヤマザキマリ

お申込み方法 

<締切>12月8日(水)正午まで ※イベント開催から1週間の見逃し配信もあります。

STEP1下記の専用WEB登録フォームからお申し込み下さい。

STEP2お申込み完了した方に受付完了メールが届きます。24時間以内に受付完了メールが届かない方は、事務局までお問い合わせください。

STEP3ご登録いただいたメールアドレスに12月9日に視聴用URLをメールでお送りします。イベント開催から1週間は視聴することができます。メールが届かない場合は事務局までご一報ください。

※YouTubeLiveのチャット機能を使用し、出演者への質問を承ります。予めYouTubeのアカウントの作成をお願いします。「YouTubeでアカウントを作成する」方法はこちらから↓
https://support.google.com/youtube/answer/161805?co=GENIE.Platform%3DAndroid&hl=ja


※携帯電話のメールアドレスの場合、視聴用URLをメールで送信しても正しく届かないことがございます。「@asahiculture.com」のドメインを受信できるように設定してください。また、迷惑メールフォルダにメールが振り分けられてしまうことがございますので、ご確認ください。
※メールが届かない場合は、sumisei-lifeforum@asahiculture.comか、03-3344-2041の事務局までご一報ください。

【注意事項】
※必ずソフトウェアを最新版にアップデートの上ご覧ください。また、第三者とのURLの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載は固くお断りいたします。

※ご覧いただくネット環境によって配信遅延が発生する場合がございます。予めご了承ください。また、ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。

下のボタンを押してお申込みください。お名前とメールアドレス等のご登録が必要です。なお、ご入力いただいた情報は、当社の個人情報保護方針に基づき適切に管理いたします。

講師紹介


ヤマザキマリ

漫画家・文筆家。東京造形大学客員教授。

1967年東京生まれ。84年にイタリアに渡り、フィレンツェの国立アカデミア美術学院で美術史・油絵を専攻。比較文学研究者のイタリア人との結婚を機にエジプト、シリア、ポルトガル、アメリカなどの国々に暮らす。
2010年『テルマエ・ロマエ』で第3回マンガ大賞受賞、第14回手塚治虫文化賞短編賞受賞。2015年度芸術選奨文部科学大臣賞新人賞受賞。2017年イタリア共和国星勲章コメンダトーレ綬章。
著書に『スティーブ・ジョブス』(ワルター・アイザックソン原作)『プリニウス』(とり・みきと共著)『オリンピア・キュクロス』『国境のない生き方』『ヴィオラ母さん』『たちどまって考える』『ムスコ物語』など。

松田丈志

元競泳競技日本代表メダリスト・スポーツジャーナリスト

宮崎県延岡市出身。オリンピック4大会連続出場、4つのメダルを獲得。

その練習環境に注目が集まり「ビニールハウス生まれのヒーロー」と称される。アテネ五輪ではメダルは獲得できず、この屈辱が「五輪に出たい」という夢を「絶対、五輪メダリストになる」という目標に変える。2008年北京五輪で見事に200mバタフライで銅メダルを獲得。この活躍が認められて宮崎県民栄誉賞と延岡市民栄誉賞を受賞。2012年3度目となるロンドン五輪に競泳チームのキャプテンとして出場。200mバタフライで銅メダルを獲得、また400mメドレーリレーでは日本競泳史上初となる銀メダルを獲得。レース終了後のインタビューで 「康介さんを手ぶらで帰らせるわけにはいかない」 とコメント。これが2012年新語・流行語大賞のトップテンに選出される。2016年、32歳、日本競泳界最年長でのリオ五輪へ出場し800フリーリレーで52年振りの銅メダルを獲得。同年の国体を最後に現役を引退。

現在はスポーツ団体のアスリート委員を務めるなどスポーツの普及活動を中心に、スポーツジャーナリストとして、スポーツニュース、執筆、講演など幅広く活動中。

お問い合わせ先

スミセイ ライフフォーラム事務局
朝日カルチャーセンター プロジェクト事業本部
TEL.03-3344-2041(10:30~17:30、日・祝日除く)

主催
公益財団法人 住友生命健康財団
後援
株式会社 朝日カルチャーセンター