震災から1年―岩手県宮古市田老地区の「いわて民俗芸能フォーラム」と夜神楽の公演を訪ねて | お知らせ | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

震災から1年――岩手県宮古市田老地区の「いわて民俗芸能フォーラム」と夜神楽の公演を訪ねて 代表取締役社長・石井勤

投稿日 : 2012年03月11日

真の復興に向けて

 津波に押し流され、「被災地」となった町の中心部は、人の姿が見えない一面の雪野原でした。山道を上った高台に仮設住宅が肩寄せ合って並び、大勢の人が暮らしの不自由さをかみしめていました。震災から1年。3月初めの穏やかに晴れた日に、二重の大防潮堤で知られた旧岩手県田老町(岩手県宮古市田老地区)を訪ねました。

(田老町の雪原)田老町の住宅街跡 12年3月4日

 旅の目的は、復興施設にもなっているグリーンピア三陸みやこで開かれた「いわて民俗芸能フォーラム」と夜神楽(よかぐら)の公演。地域社会が崩壊し存続が危ぶまれる民俗芸能を守り、継承していくことが、暮らしを取り戻すために欠かせないと考える人たちが企画した。

 盛岡駅から岩手県北バスで2時間余り、宮古駅前で路線バスに乗り換えてグリーンピアに向かう。宮古の市街地を抜け山道を下り始めると視界が開け、防潮堤が目に飛び込んできた。旧田老(たろう)町。どっしりとした防潮堤の向こうに三陸の海がちょっとだけ見える。

 防潮堤の手前は、さえぎるもののない一面の雪野原だった。だが、よく見ると、雪の中に家の土台がある。コンクリートで組んだ家の土台がいくつもいくつも連なっていた。

 確かに、がれきは撤去された。その結果、平らな土地に家の土台ばかりが残り、町の再建に向けた作業はそこで止まっているかのように見えた。

 1年という時間を思う。1年という時間の間に、もっとできることはなかったのだろうかと思う。様々な立場の人が「1日も早い復興を」と言ってきた1年。

 私たちはこの1年で何をしてきたのだろうと思う。

(消防分団の建物)田老町消防分団の建物 12年3月4日

 雪原の中に、1階の壁にぽっかりと大穴が開いた建物が見えた。消防団の分室だった。なぜそのままになっているのか。通りすがりの者にはうかがい知れない事情があるのかもしれない。だが、そのままであるというその事実が胸に迫った。

 路線バスが山の上の高台に上がる。グリーンピアの敷地に仮設住宅が建ち並んでいた。敷地内の道路をはさんで反対側にプレハブ2階建ての仮設商店街「たろちゃんハウス」。バス停の表示は「仮設住宅前」に張り替えてある。

 バス停の名前を改めなければならないほど、仮住まいは長くなるのだろうか。暮らしが再建され、仮設に住む人がいなくなるまでの道のりが胸をよぎる。

 グリーンピアでの催しは3月3日(土)から4日(日)にかけて行われた。

 3日の午後は「摂待七つ物」(せったい・ななつもの)「田代念仏剣舞」(たしろ・ねんぶつけんばい)の郷土芸能公演に始まり、黒森神楽(くろもりかぐら)保存会による夜神楽へと続く。

 定刻の小1時間前から、仮設に住む人たち、県内外からやって来た神楽好きたちがロビーに集まり、ちょっとした熱気を帯び始める。太鼓、笛、鉦(かね)が鳴り、舞い手が動き始めると、待っていた人たちの表情が華やぐのが分かった。

 続く黒森神楽は数百年の伝統がある。「廻り神楽」(まわりかぐら)と呼ばれ、三陸沿岸の「宿」(やど)に泊まり込んで夜神楽を披露しながら移動する巡行によって、地元の人たちを楽しませてきた。だが、「宿」を引き受けていた各地の民家が津波の被害を受け、本来の巡行が難しくなっている。そのため、グリーンピア三陸みやこを「宿」とし、宿に入る際の祈祷儀礼の「舞い込み」から、「打ち鳴らし」に始まる夜神楽の演目、翌朝の「舞い立ち」までを上演する計画が持ち上がった。

 大広間に神楽幕(かぐらまく)が張られ、権現様の魂をお迎えした獅子頭を供えて、夜神楽は始まった。仮設で暮らす人たちを含め、観客はお年寄りが目立つ。思い思いの場所に座布団を敷き、神楽衆の舞をじっと見守った。

(ヤマタノオロチ) 黒森神楽/ヤマタノオロチ 12年3月3日

 「清祓い」(きよはらい)、「榊葉」(さかきば)と続き、時に激しい動きになると、わっと拍手が沸く。座が次第に盛り上がり、スサノオノミコトと真っ赤な装束に般若の面をつけたヤマタノオロチが登場する「八岐大蛇退治」(やまたのおろちたいじ)で、場内は笑いの渦になった。広間に紛れ込んだヤマタノオロチが観客を抱えて身代わりにしようとしたり、観客に装束を引っ張られたりの立ち回りを演じると、そのたびに笑い転げ、拍手喝采するおばあちゃんたち。

 その時、大広間は、おばあちゃんたちが長く暮らした元のままのふるさとになった。地震もない、津波もない、昔のままの暮らしが、いっとき、戻った。

 外は夜の闇。海からの冷たい風が地吹雪を起こし、でも、神楽幕を張った座敷は電灯の光があふれ、集まった近隣の住民の熱気がこもる。演目の途中、神楽衆がチョコレートや煎餅を撒く場面では、受け止めようとする人たちがわっと手を伸ばす。お神酒を注いだ器が場内を回って来ると、崩していた膝を正し、一礼して器に口をつけるおとうさんたち。

(獅子頭に頭を噛んでもらう) 黒森神楽/獅子頭に噛んでもらう 12年3月3日

 獅子頭が場内を回り、観客全員の頭を一人ひとり噛んでいく際には、正座で頭を垂れ、静かに合掌して獅子頭を待つ。

 昔ながらの「宿」での夜神楽。

 華やいだ芸能の場、心から楽しんでいる娯楽の場でありながら、そこには祈りの気持ちが満ちていた。

 祈り。その場にいるそれぞれが神楽を楽しみながら、「お父さん」を思い、「かあちゃん」を思い、子どもたちを思い、仕事がうまくいくよう願い、無病息災や家内安全を願い、津波にさらわれた人たちの魂が安らかであるよう念じ、手を合わせる。

 長い年月をかけて受け継がれてきた民俗芸能の姿がそこにあった。

 4日の朝は黒森神楽の「神楽念仏」(かぐらねんぶつ)、「舞立ち」(まいたち)で始まった。そのまま大広間を使って開かれた「フォーラム」では、民俗芸能保存会の代表者が並び、被災の状況や直面している課題を語った。

 その中で、田代念仏剣舞保存会の大上一(おおがみ・はじめ)さんの言葉が胸に残った。

 「(民族芸能は)生活文化に溶け込んでいる。失くしてはいけない」

 「そこに人がいるために、やらなければならない」

 2日間の神楽公演は鵜鳥神楽(うのとりかぐら)の舞い込みと昼神楽で幕を閉じた。

 その場に居合わせた全員が心から楽しんだ。すばらしい体験だった。

 民俗芸能の宝庫・岩手県で始まった、息長く続けなければならない事業の第一歩です。

 神楽公演とフォーラムの様子は、今回の企画を支えた東北文化財映像研究所・阿部武司さんの映像ライブラリーhttp://www.youtube.com/user/asaproabeでご覧になれます。


朝日カルチャーセンターは、東日本大震災を語り継ぐだけでなく、これからも被災地を支援していきます。