朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

06-6222-5222

月~土 9:30~18:30 / 第2・4 日 9:30~13:30 祝日(振替休日含む)は休業

「醍醐寺の仏像」「光源氏の若紫の発見」ができました!

投稿日 : 2018年08月10日

パンフレット未掲載の講座ができました
「京都・醍醐寺―真言密教の宇宙―」関連講座
醍醐寺の仏像


日時:2018年 9月20日(木)13:30-15:00
講師:京都造形芸術大学教授 金子 典正さん


京都の古刹醍醐寺は、空海の孫弟子にあたる理源大師聖宝によって貞観16(874)年に開かれました。
そして延喜7(907)年には醍醐天皇の御願寺となり、醍醐寺の国宝として著名な薬師如来坐像が制作されます。
以来、醍醐寺では数々の素晴らしい仏像が制作されました。
また、2015年には醍醐寺最古の仏像である虚空蔵菩薩立像が国宝指定されました。
醍醐寺の歴史をふり返りながら、こうした醍醐寺の重要な仏像について、プロジェクターと資料を使用し、分かりやすく解説します。

※「京都・醍醐寺―真言密教の宇宙―」 サントリー美術館(東京) 9/19~11/11

講座の詳細(web決済のみ)
web決済以外をご希望の方は、お電話でお申し込みください。
(中之島教室06-6222-5222)

---------------------------
光源氏の若紫の発見
ここから長編としての源氏物語が始まる


日時:2018年 9月25日(火)13:00-14:30
講師:大阪大学名誉教授 伊井 春樹さん


光源氏は18歳の春、病により北山に住む高僧の祈祷を受けに出かけます。
そこで発見したのが、少女若紫でした。
亡き母桐壺更衣に酷似するという、義母藤壺中宮を連想させる面影だけに、源氏は自然に涙を流してしまいます。
その場面はどのように絵画化されたのでしょうか。
テキストを読み、数多くの画像を用いて、物語の展開と源氏物語絵の変容を楽しく味わいます。

講座の詳細(web決済のみ)
web決済以外をご希望の方は、お電話でお申し込みください。
(中之島教室06-6222-5222)