朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

06-6222-5222

月~土 9:30~18:30 / 第2・4 日 9:30~13:30 祝日(振替休日含む)は休業

「東洋医学で考える『夏バテ・熱中症』対策」など4講座ができました! 

投稿日 : 2018年05月07日

パンフレット未掲載の講座ができました
東洋医学で考える「夏バテ・熱中症」対策
~大自然と歩調を合わせる健康法


日時:2018年6月25日(月)10:30-12:00
講師:東京医科歯科大学医学部臨床准教授、仙頭クリニック院長
仙頭 正四郎さん

暑い夏がやって来ます!気になる熱中症。ひたすら水を飲んでいれば大丈夫なのでしょうか。自然のしくみに寄り添ってからだの健康を考える東洋医学の目から見ると、やみくもに水を飲むことは、かえって夏バテを作る原因にも見えてきます。大自然にいだかれて生きる私たちにとって、健康な夏の姿とはどうあるべきか、夏バテや熱中症の病気としての意味はどんなことでしょう。元気に夏を過ごすために暑さから体を護る方法を、東洋医学の視点から一緒に考えます。この時期におすすめの食べ物や飲み物も、漢方専門医が日常的な食材からご提案します。

講座の詳細(web決済のみ)
web決済以外をご希望の方は、お電話でお申し込みください。

(中之島教室06-6222-5222)
-----------------------------------------------------------
出会いと密通~『源氏物語』を読む楽しみ
若紫・紅葉賀の巻


日時:2018年6月25日(月)13:00-14:30
講師:園田学園女子大学名誉教授 福嶋 昭治さん


千年の間とぎれることなく、どんな時代にも読み続けられてきた『源氏物語』の魅力をお伝えします。光源氏は、面影すらない亡き母に似た人として、藤壺という義理の母に当たる人に恋してしまう苦しい青春時代を迎えます。現実に結ばれることは許されない藤壺に変わる人として、藤壺の面影を伝える若紫との出会いと、皮肉なことに、そうした出会いによってかえって高まった光源氏の情念の結果としての藤壺の密通その後の懐妊という劇的な物語展開を、若紫の巻と紅葉賀の巻から読み解きます。

講座の詳細(web決済のみ)
web決済以外をご希望の方は、お電話でお申し込みください。

(中之島教室06-6222-5222)

-----------------------------------------------------------
椿と日本文化
ツバキルネッサンス~室町から安土桃山まで


日時:2018年 7/2、8/6(月)15:30-17:00
講師:元国際日本文化研究センター准教授 光田 和伸さん


足利幕府が開かれた京の都に本格的に流入した武士の好み―東国、西国の文化は、藤原氏を中心とする貴族文化を相対化し、両者の融合が始まります。和歌にかわって、連歌俳諧が時代を代表する文学の座にすすみ、能、立花、茶の湯を中心とする新しい芸道を生みます。抑えられてきたものが一挙に表に出てくる時代がやってきて、椿も爆発的ともいえる復権を遂げますが、新しいツバキは「王権を保護する花」にはとどまりませんでした。民族のもっとも底に流れる思想を、さまざまに託される花としての椿が発現するのです。

講座の詳細(web決済のみ)
web決済以外をご希望の方は、お電話でお申し込みください。
(中之島教室06-6222-5222)


-----------------------------------------------------------
「幸せな時間」の作り方

日時:2018年7月24日(火)19:00-20:30
講師:精神科医 名越 康文さん


だれもがみんな、ちょっと生きづらいと感じながら、毎日を過ごしています。怒りや嫉妬などの強い感情と、小さくても確実な幸せにふんわりあたたかく優しい感情が入り混じる日々。「一生懸命はええけど、頑張りすぎはあかんよ」と語るのは、『生きるのが“ふっと”楽になる13のことば』などの著書もあり、テレビなどでも活躍する精神科医。自身が心を動かされた先人の教えを紹介しながら、幸せな時間の作り方や、才能の見つけ方、日常の様々な悩みへの実践 的な対処法をお教えします。

講座の詳細(web決済のみ)
web決済以外をご希望の方は、お電話でお申し込みください。
(中之島教室06-6222-5222)