朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

06-6222-5222

月~土 9:30~18:30 / 第2・4 日 9:30~13:30 祝日(振替休日含む)は休業

「見瀬丸山古墳を考える」講座ができました!

投稿日 : 2017年02月06日

パンフレット未掲載講座ができました
最後の前方後円墳・見瀬丸山古墳を考える

日時:3月28日(火)15:30-17:00
講師:国立歴史民俗博物館名誉教授・総合研究大学院大学名誉教授 広瀬 和雄さん

長 さ318mの墳丘に、馬蹄形の周濠と外堤をめぐらせた巨大な前方後円墳、奈良県見瀬丸山古墳。1991年に偶然、発見された横穴式石室は、全長28.4m と群を抜いて長大です。言うまでもなくわが国最大のもので、約34㎡もの広大な面積をもつ玄室には、2基の家形石棺がおさめられていました。さて、3世紀 中ごろから350年間もの長期におよんだ前方後円墳は、7世紀初めごろに造営された、この巨大前方後円墳をもって終焉を迎えます。その後、有力古墳は方墳 や円墳、上八角下方墳や八角墳へと墳形を変更させていきます。すなわち、見瀬丸山古墳は前方後円墳を採用した最後の大王墓なのです。そこからは、どのよう な時代の転換が読みとれるのでしょうか。

申し込みはこちらから(web決済のみ)

web決済以外をご希望の方は、お電話でお申込みください。
(中之島教室06-6222-5222)