激動のロシア史| 中之島教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

06-6222-5222

月~土 9:30~18:30 / 第2・4 日 9:30~13:30 祝日(振替休日含む)は休業

激動のロシア史 ロシア革命から100年 歴史、風土、文化の深層

講師名 名古屋外国語大学学長 亀山 郁夫
講座内容
亀山郁夫講師
欧州に比べ近代化が遅れたロシアは第一次世界大戦への参戦で困窮し、帝政打倒への革命運動が広がります。レーニンは、労働者や兵士の代表機関「ソヴィエト」を指導し、300年続いた帝政ロシア王朝は崩壊、史上初の社会主義政権が誕生しました。戦勝国は資本主義と対立する社会主義の台頭を恐れ、圧力を強めますが、レーニンは徹底した戦時体制で対抗、全工業を国有化し、あらゆる経済活動を国家が管理しました。レーニンの死後、スターリンが急速な重工業化と農業の集団化を強行してソ連は世界の大国となり、第二次世界大戦ではナチス・ドイツを破り、戦勝国になりました。ドストエフスキー研究の第一人者、亀山郁夫さんは「帝政ロシア、スターリン時代に知識人は徹底的に弾圧され、死と隣り合わせの中で、権力と迎合しつつも良心を研ぎ澄ませる知的風土が醸成された」と言います。グローバル資本主義の中、その動向が注目されるロシアの根源、「ロシア的なるもの」を歴史や風土をたどりながら、亀山さん独自の視点で多角的に読み解きます。

日時・期間 土曜 13:30-16:00 05/13~05/13 1回
日程 2017年 5/13
受講料(税込み)
5月~5月(1回)
会員 3,780円
一般 3,996円
教材費
設備維持費
注意事項 ◆講座時間:13:30~16:00(途中休憩含む)
◆受付窓口でお手続きの方は、ちらし1をご確認ください。
◆録音、録画、撮影は固くお断りします。
★★「満席表示」が出ていてもご受講いただける場合があります。お電話ください(06-6222-5222)
ご案内 ◆教材として資料をお配りする場合、随時実費をいただきます。
講師紹介 亀山 郁夫 (カメヤマ イクオ)
1949年、栃木県宇都宮市生まれ。名古屋外国語大学学長。ロシア文学者。
2002年に「磔のロシア―スターリンと芸術家たち」で大佛次郎賞、2007年に翻訳「カラマーゾフの兄弟」で毎日出版文化賞特別賞、プーシキン賞を受賞。2012年には「謎解き『悪霊』」で読売文学賞受賞。ドストエフスキーの新訳では、他に「罪と罰」、「悪霊」がある。
2015年11月に、自身初となる小説「新カラマーゾフの兄弟」を刊行。

履歴