健康に「本当に」良いことは何か? 健康脆弱化を防ぐ| 中之島教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

06-6222-5222

月~土 9:30~18:30 / 第2・4 日 9:30~13:30 祝日(振替休日含む)は休業

「ヒト」と「科学」を考える~連続セミナー 健康に「本当に」良いことは何か? 健康脆弱化を防ぐ

講師名 理化学研究所健康生き活き羅針盤リサーチコンプレックス推進プログラムプログラムディレクター 渡辺 恭良
講座内容
超高齢社会を迎えたわが国の課題の一つに、高齢期(特に75歳以上)での要介護者の急増があります。要介護に至るまでには、軽度認知症、抑うつ、ロコモティブシンドローム(運動器症候群)など、心身の自立度を低下させる「健康脆弱化」が現れます。したがって、健康脆弱化の兆候を早期に捉え、心身の健康を回復する手段を講じることが、この課題の根本的な解決策となります。さまざまな健康情報が氾濫する中で、私たちは、人工知能や画像診断など最新の技術・知見を駆使し、科学的な健康情報に基づく健康改善法の開発を目指しています。(講師記)

★会場:朝日カルチャーセンター中之島教室
大阪市北区中之島2-3-18 中之島フェスティバルタワー18階
日時・期間 日曜 13:00-14:30 10/14~10/14 1回
日程 2018年 10/14
受講料(税込み)
10月~10月(1回)
会員 2,160円
一般 2,160円
教材費
設備維持費
注意事項 窓口でお手続きされる方は、別紙ちらしをご確認ください。開講日以降の受講料のご返金はできません。
※会場は「朝日カルチャーセンター・中之島(中之島フェスティバルタワー18階)です。
※開場は、開始時刻の30分前を予定しています。
講師紹介 渡辺 恭良 (ワタナベ ヤスヨシ)
京都大学医学部卒、同博士課程修了。京都大学助手、大阪医科大学講師、大阪バイオサイエンス研究所研究部長、大阪市立大学大学院医学研究科・教授を経て、現在は同特任教授。

履歴