SOLO TIME(ソロタイム)のすすめ  「他人」と「自分」| 中之島教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

06-6222-5222

月~土 9:30~18:30 / 第2・4 日 9:30~13:30 祝日(振替休日含む)は休業

【新設】SOLO TIME(ソロタイム)のすすめ  「他人」と「自分」

講師名 精神科医 名越 康文
講座内容
名越康文講師
アンガーマネージメントやマインドフルネスという言葉を耳にすることが多くなったこのごろ。会社や家族、友人や恋人といったさまざまな人間関係を維持していくことにしんどいと感じる人が、少なくないからではないでしょうか。養老孟司さんとの共著『「他人」の壁』や、『SOLO TIME(ソロタイム)「ひとりぼっち」こそが最強の生存戦略である』などの著書もある精神科医が、5000人のカウンセリング経験から導き出した知恵をもとに、ひとりの時間がもたらすもの、おすすめの実践方法をお話しします。「他人」と「自分」について考えてみましょう。
日時・期間 木曜 19:00-20:30 09/28~09/28 1回
日程 2017年 9/28
受講料(税込み)
9月~9月(1回)
会員 3,024円
一般 3,348円
教材費
設備維持費
注意事項
講師紹介 名越 康文 (ナコシ ヤスフミ)
1960年奈良県生まれ。精神科医。相愛大学、高野山大学客員教授。専門は思春期精神医学、精神療法。近畿大学医学部卒業。大阪府立中宮病院(現:大阪府立精神医療センター)にて、精神科救急病棟の設立、責任者を経て、1999年に同病院を退職。引き続き臨床に携わる一方で、テレビ・ラジオでコメンテーター、映画評論、漫画分析など様々な分野で活躍中。主な著書に『心がフッと軽くなる「瞬間の心理学」』(角川新書)、『自分を支える心の技法』(医学書院)、『どうせ死ぬのになぜ生きるのか』(PHP新書)、『「男はつらいよ」の幸福論 寅さんが僕らに教えてくれたこと』(日経BP社)などがある。近刊に『SOLO TIME(ソロタイム)「ひとりぼっち」こそが最強の生存戦略』(夜間飛行)、『「他人」の壁 唯脳論�仏教心理学が教える「気づき」の本質』(養老毅氏と共著、SB新書)。

履歴