ぼくはこんなふうにして生きてきた| 中之島教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

06-6222-5222

月~土 9:30~18:30 / 第2・4 日 9:30~13:30 祝日(振替休日含む)は休業

ぼくはこんなふうにして生きてきた

講師名 作家 椎名 誠
講座内容
椎名誠さんは、文筆活動以外に辺境の地への旅をライフワークとし、旅先での写真を多数発表。また本好きとしても有名で『本の雑誌』の編集長を長く務め、映画監督としての作品まで手掛けるなど多彩な顔を併せ持っています。椎名さんのモットーは「思い悩まない、くよくよしない、好きな映画を見て、いい音楽を聴いて、いい仲間と話をして、好きなことをいっぱいやる、それが一番大事な気がする。」と言います。毎日を陽気に、ストレスを感じないように暮らしているからこそ、現在も健康でいられます。講座では、若い気持ちで、楽しく生きるための秘訣をお話しいただきます。

会場:アサコムホール(大阪市北区中之島 中之島フェスティバルタワー12階)
 地図はこちらです⇒https://www.asahiculture.jp/nakanoshima/welcome_naka
日時・期間 日曜 14:00-15:30 08/27~08/27 1回
日程 2017年 8/27
受講料(税込み)
8月~8月(1回)
会員 3,024円
一般 3,564円
教材費
設備維持費
注意事項 窓口でお手続きされる方は、チラシ別紙とアサコムホール案内図をご確認ください。WEB決済をご利用の方は、上記「講座案内」のリンクから会場案内図をご確認ください。★会場はアサコムホール(中之島フェスティバルタワー12階)です。★開場は13:30を予定しています。当日は受講券をご持参ください。★開講日以降の受講料のご返金はできません。
講師紹介 椎名 誠 (シイナ マコト)
1944年東京都生まれ。作家。1979年より、小説、エッセイ、ルポなどの作家活動に入る。これまでの主な作品は、『犬の系譜』(講談社)、『岳物語』(集英社)、『アド・バード』(集英社)、『中国の鳥人』(新潮社)、『黄金時代』(文藝春秋)など。近著は、『孫物語』(新潮社)、『寄食珍食 糞便録』(集英社)、娘・渡辺葉と共訳を手がけた『十五少年漂流記』(新潮社)。最新刊は、『おれたちを笑え!わしらは怪しい雑魚釣り隊』(小学館)、『雨の匂いのする夜に』(朝日新聞出版)、『おなかがすいたハラペコだ。』(新日本出版社)など。椎名が企画・プロデュースした『旅ゆけばヒト モノ ケモノ バケモノと会う とつげき!シーナワールド!!4』(椎名誠 旅する文学館)を2015年10月に刊行。旅の本も数多く、モンゴルやパタゴニア、シベリアなどへの探検、冒険ものなどを書いている。趣味は焚き火キャンプ、どこか遠くへ行くこと。公式インターネットミュージアム「椎名誠 旅する文学館」は、http://www.shiina-tabi-bungakukan.com

履歴