「人生の意味」について考える| 中之島教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

06-6222-5222

月~土 9:30~18:30 / 第2・4 日 9:30~13:30 祝日(振替休日含む)は休業

「人生の意味」について考える

講師名 精神科医 泉谷 閑示
講座内容
私たちは、物質文明の高度な発展によって、使い切れないほどの情報と物質に囲まれた生活を送っています。しかし、それは私たちを必ずしも幸福にしているようには見えません。むしろ、かつてなかったような空虚感にさいなまれ、生きる意味が見出せず、途方に暮れる人が増えてきています。これまでのように、欠乏を埋めようとする「ハングリー・モチベーション」が生きる目標にはなり得ない現代にあって、私たちは一体どんなことに「意味」を見つけることができるでしょうか。本講座では、受講者の皆さんとの双方向的な対話をとり入れながら、この大切なテーマについて、深く掘り下げてみたいと思っています。(講師・記)
日時・期間 日曜 14:30-16:00 11/27~11/27 1回
日程 2016年 11/27
受講料(税込み)
11月~11月(1回)
会員 3,024円
一般 3,672円
教材費
設備維持費
注意事項 ★会場は朝日カルチャーセンター中之島教室の10番教室(中之島フェスティバルタワー18階)です。当日は受講券をご持参ください。★開講日以降の受講料のご返金はできません。
講師紹介 泉谷 閑示 (イズミヤ カンジ)
東北大学医学部卒業。東京医科歯科大学医学部附属病院、財団法人神経研究所附属晴和病院等に勤務したのち1999年に渡仏し、パリ・エコールノルマル音楽院に留学。同時に、パリ日本人学校教育相談員を務めた。帰国後、新宿サザンスクエアクリニック院長等を経て、現在、精神療法を専門とする泉谷クリニック(東京・ 広尾)院長。テレビ・ラジオでは、『Q~わたしの思考探求』『みんなでニホンGO!』(NHK)、『ボクらの時代』(フジテレビ)、『Earth Dreaming~ガラスの地球を救え』(朝日放送ラジオ)、ニュース番組等に出演。著書に、『「普通がいい」という病』『反教育論』(講談社現代新書)、 『「私」を生きるための言葉―日本語と個人主義―』(研究社)、『仕事なんか生きがいにするな〜生きる意味を再び考える〜』(幻冬舎新書)、『あなたの人生が変わる対話術』(講談社+α文庫)、『クスリに頼らなくても「うつ」は治る~新しい自分になる30の視点』(ダイヤモンド社)があり、女性のための家庭医学書『ウィメンズ・メディカ』(小学館)〈心の病気〉の章を監修。『図書』(岩波書店)、『本』(講談社)等の雑誌にも多数寄稿している。

履歴