イザベラ・バードの旅の世界| 中之島教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

06-6222-5222

月~土 9:30~18:30 / 第2・4 日 9:30~13:30 祝日(振替休日含む)は休業

イザベラ・バードの旅の世界

講師名 京都大学名誉教授 金坂 清則
講座内容
(1) 1898年頃のバード(The Wide World Magazine Vol.Ⅰ, 講師所蔵 / (2) 講師撮影:梭磨城の名残り 梭磨 阿壩族・羌族自治州 四川 中国 / (3) 金坂講師
※途中受講も歓迎いたします。

①10月18日  “なぜバードに魅せられ、翻訳書を出版し、世界巡回写真展を開いてきたのか”
②11月 1日  バードの生い立ち、旅の生涯と写真集の味わい方、活用の仕方
③11月15日  カナダ・アメリカ東部の旅(1854年)とオセアニア・ハワイの旅(1872年)
④12月 6日  アメリカ西部の旅(1872年)
⑤12月20日  日本の旅(1878年)

英国人女性旅行家イザベラ・バード(1831~1904年)。22歳の時の米国・カナダの旅に始まり、69歳でのモロッコの旅まで、半世紀にもわたって世界の辺境を旅し、臨場感あふれる膨大な旅行記を著しました。バード研究の第一人者である金坂さんは、正確を期した原著の翻訳と考証、地理学者ならではの丹念なフィールドワークを通して、バードの旅の真実と魅力を伝えてきました。講座では、写真集『イザベラ・バードの旅の世界』をテキストとして、バードが見た風景や記述の妙を、金坂さんが撮影した写真と重ね合わせながら味わいます。彼女の人物像や旅路も丁寧にひもときます。自由に旅できる範囲が局限されていた1878年の日本の「未踏の地」をなぜ無制限に旅できたのかという謎なども明らかにします。
※全13回、2018年5月終了予定。

【NEWS! 2017年9月25日発】
今年6月に刊行された金坂さんの著書 Isabella Bird and Japan: A Reassessment(翻訳:Nicholas Pertwee)によって、イギリスの出版社Renaissance Books が第53回日本翻訳出版文化賞を受賞することが決まりました。
同賞は日本翻訳家協会が主催し、過去1年で最も優れた翻訳書を刊行した出版社に対し贈られるものです。2013年には金坂さんの訳書(イザベラ・バード著)『完訳 日本奥地紀行』(全4巻、東洋文庫)によって平凡社が受賞しています。
日時・期間 水曜 10:30-12:00 10/18~12/20 5回
日程 2017年 10/18
受講料(税込み)
10月~12月(5回)
会員 14,040円
一般 16,200円
教材費
設備維持費
注意事項 窓口でお手続きされる方は、1番のちらしをご確認ください。

☆その他、プリントなどをお配りする場合は、随時資料代をいただきます。
☆教室番号は変更する場合があります。当日の掲示をご確認ください。
ご案内 ★テキスト/写真集『イザベラ・バードの旅の世界』(平凡社、定価3,888円)・・・各自書店でお求めください。

・筆記用具
カリキュラム ①10月18日  “なぜバードに魅せられ、翻訳書を出版し、世界巡回写真展を開いてきたのか”
②11月 1日  バードの生い立ち、旅の生涯と写真集の味わい方、活用の仕方
③11月15日  カナダ・アメリカ東部の旅(1854年)とオセアニア・ハワイの旅(1872年)
④12月 6日  アメリカ西部の旅(1872年)
⑤12月20日  日本の旅(1878年)
講師紹介 金坂 清則 (カナサカ キヨノリ)
1947年生。地理学者。京都大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。イザベラ・バードに関する研究と写真展等の活動により王立スコットランド地理学協会特別会員、王立地理学協会特別会員、日英協会賞受賞。著書に『ツイン・タイム・トラベル イザベラ・バードの旅の世界』、『イザベラ・バードと日本の旅』 ”Isabella Bird and Japan: A Reassessment”。訳書に『完訳日本奥地紀行』(全4巻、訳注、日本翻訳出版文化賞受賞)ほか多数。

履歴