落語よりオモロイ大阪| 中之島教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

06-6222-5222

月~土 9:30~18:30 / 第2・4 日 9:30~13:30 祝日(振替休日含む)は休業

『上方落語史観』出版記念対談 落語よりオモロイ大阪

講師名 上方落語協会副会長 桂 春團治
大阪大学招聘教授 大阪天満宮文化研究所研究員 高島 幸次
講座内容
桂 春之輔さん / 高島 幸次さん
落語は笑わせてなんぼ!ならばその中身は嘘ばかり?いやいや、幕末から明治初期にかけて創作された古典落語には、当時の歴史風土や人々の生活習慣が色濃く反映されており、いわば歴史を学ぶための手がかりが溢れた<教科書>なのです。そこで、高島講師が日本史研究の立場から古典落語を読み解き、昔の人たちの笑い声が聞こえるリアルな大阪の歴史を明らかにした『上方落語史観』を12月に出版しました。この出版を記念して、ゲストに、襲名まもない四代目・桂春團治師匠をお迎えし(2月11日に松竹座で襲名披露公演)、落語よりオモロイ対談を繰り広げます。(講義30分と対談60分の予定。)
日時・期間 土曜 15:30-17:00 03/31~03/31 1回
日程 2018年 3/31
受講料(税込み)
3月~3月(1回)
会員 3,456円
一般 3,888円
教材費
設備維持費
注意事項 窓口でお手続きの方は、別刷りちらしをご確認下さい。
当日の講座内容は、30分の講義と60分の対談の予定です。落語は行いませんので予めご了承ください。
講師紹介 桂 春團治 (カツラ  ハルダンジ)
1965年、三代目桂春團治に入門。桂春章を経て桂春之輔。上方落語協会副会長として、天満天神繁盛亭の設立に尽力し、今日の「落語ブーム」を築いた功労者の一人。大阪市立大学と相愛大学の客員教授として、両大学で落語の講義も担当している。2月11日の松竹座で「四代目桂春團治」の襲名披露公演を行った。
高島 幸次 (タカシマ コウジ)
1949年生。龍谷大学大学院文学研究科修士課程修了。日本近世史専攻。天神信仰や大阪天満宮の歴史を研究。一般社団法人おしてるなにわ理事、NPO上方落語支援の会理事など。著書に『奇想天外だから史実-天神伝承を読み解く-』『大阪の神さん仏さん』(共著)、『天神祭の歩き方地図』(監修)など。

履歴