西田哲学入門――日常の経験から出発する哲学| 中之島教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

06-6222-5222

月~土 9:30~18:30 / 第2・4 日 9:30~13:30 祝日(振替休日含む)は休業

西田哲学入門――日常の経験から出発する哲学

講師名 京都大学名誉教授 藤田 正勝
講座内容
講師写真
西田幾多郎は日本の哲学の礎を築いた人です。その思想は難解であると言われますが、西田の哲学は「日常の経験から出発する哲学」でした。わたしたちが身体をもち、行為し、自己を表現する存在であることに注目した哲学でした。今回は、この「身体」や「行為」、「表現」などを手がかりにしながら、後期の西田哲学の特徴を明らかにしたいと思います。

より深く理解していただくために、事前に参考文献(『西田幾多郎――生きることと哲学』岩波新書、とくに第6章)のご一読をおすすめいたします。
日時・期間 土曜 15:30-17:30 02/24~02/24 1回
日程 2018年 2/24
受講料(税込み)
2月~2月(1回)
会員 3,240円
一般 3,672円
教材費
設備維持費
注意事項 窓口でお手続きされる方は、ちらし4をご確認ください。※受講券に印字されている教室から変更になる場合がございます。変更の場合は、入口掲示板でご案内をいたします。ご確認をお願い申し上げます。
お申込みの前に 当センターに初めてお越しになられる方は、ホームページの「アクセス」からアクセスマップ下の「フロアマップ」をご覧ください。 講座は、当ビル18階の1教室で行います。なお、予定していた教室から変更になる場合がございます。変更の場合は、入口掲示板でご案内をいたします。
ご案内 ※教材としてプリントをお配りする場合、実費をいただきます。
講師紹介 藤田 正勝 (フジタ マサカツ)
1949年生。京都大学大学院文学研究科博士課程満期退学。82年、ボーフム大学(西ドイツ)大学院博士課程修了。哲学博士(Dr. Phil.)。京都大学大学院文学研究科教授を経て、現在、京都大学大学院総合生存学館特定教授。専門は哲学、倫理学、日本哲学史。著書に『若きヘーゲル』『西田幾多郎 生きることと哲学』『哲学のヒント』『九鬼周造―理知と情熱のはざまに立つ<ことば>の哲学』ほか多数。

履歴