健康は生活リズムで維持できる| 中之島教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

06-6222-5222

月~土 9:30~18:30 / 第2・4 日 9:30~13:30 祝日(振替休日含む)は休業

医者が教える長寿のコツ 健康は生活リズムで維持できる

講師名 独立行政法人 国立病院機構刀根山病院 院長 佐古田 三郎
講座内容
撮影佐々木芳郎 / 撮影佐々木芳郎
私達の生活はリズムで一杯です。歩くにも、歯を磨くのもリズムがあります。1日という周期、1年という周期もリズムであるように、私達の体温にも1日のリズムがあります。そして体の全ての細胞に体内時計と呼ばれる時を刻む遺伝子が存在します。骨や肝臓の細胞達は、お互いの時計を合わせながら仕事をしているので臓器として機能します。癌や自己免疫病などもこの時計の乱れとして考えている研究者や、時計が乱れることが多くの病気の要因であると考えている研究者もいます。夜徘徊したりするのも時計の乱れと考えることができます。このセミナーでは生活リズムがどうして大切か、またどうしたらそのリズムを整えることができるのかということを日常生活の過ごし方(睡眠、食事など)から説明したいと思います。(講師記)
日時・期間 日曜 13:30-15:00 09/10~09/10 1回
日程 2017年 9/10
受講料(税込み)
9月~9月(1回)
会員 2,916円
一般 3,348円
教材費
設備維持費
注意事項 〇医者が教える長寿のコツ 「健康は生活リズムで維持できる」
会場は朝日カルチャーセンター 中之島教室です。
窓口でお申込みの方は別紙をご確認ください。開講日以降のご返金はできません。
お申込みの前に 会場は朝日カルチャーセンター 中之島教室です
https://www.asahiculture.jp/nakanoshima/access
講師紹介 佐古田 三郎 (サコダ サブロウ)
1975年大阪大学医学部卒。2000年、大阪大学医学部神経内科教授、2010年より現職。大阪大学名誉教授。広島大学工学部客員教授。著書・監修に「医者が教える長生きのコツ」「認知症予防日めくり」があり有機医療を捉唱している。ほか、『佐古田式養生で120歳まで生きる する・しない健康法』(実業之日本社)。

履歴