憲法と日本政治のゆくえ| 中之島教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

06-6222-5222

月~土 9:30~18:30 / 第2・4 日 9:30~13:30 祝日(振替休日含む)は休業

憲法と日本政治のゆくえ

講師名 早稲田大学教授 長谷部 恭男
講座内容
長谷部恭男講師
日本国憲法が施行されて70年の今年、さきの衆院選では、憲法改正の是非が論点のひとつになりました。敗戦後に「押しつけられた憲法」という声がある一方、「二度と戦争をしたくない」という日本人の心理に即し、これまで一度も改正することなく維持されてきたとも言われています。時代の変化にあわせ、憲法のあり方を問い直す議論は必要ですが、何をどのように見極めればよいのでしょうか。講座では、憲法は何を守るのか、改正は必要なのか、立憲主義と民主主義などについて、内外の情勢も鑑みて、日本政治のゆくえを論じます。

日時・期間 土曜 15:30-17:00 02/17~02/17 1回
日程 2018年 2/17
受講料(税込み)
2月~2月(1回)
会員 3,348円
一般 3,672円
教材費
設備維持費
注意事項 ◆受付窓口でお手続きの方は、ちらしフレッシュA1をご確認ください。
◆録音、録画、撮影は固くお断りします。
ご案内 ◆教材として資料をお配りする場合、随時実費をいただきます。
講師紹介 長谷部 恭男 (ハセベ ヤスオ)
1956年広島市生まれ。1979年東京大学法学部卒業。学習院大学教授、東京大学教授を経て、2014年より早稲田大学法務研究科教授。主な著作に『権力への懐疑』(日本評論社)、『憲法学のフロンティア』(岩波書店)、『憲法と平和を問いなおす』(ちくま新書)、『憲法の理性』(東京大学出版会)、『Interactive憲法』(有斐閣)、『憲法とは何か』(岩波新書)、『憲法』第6版(新世社)、『法とは何か―法思想史入門』(河出ブックス)、『憲法の境界』『憲法入門』『憲法のimagination』(羽鳥書店)、『憲法の円環』(岩波書店)など多数。

履歴