人類史の謎を追う| 中之島教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

06-6222-5222

月~土 9:30~18:30 / 第2・4 日 9:30~13:30 祝日(振替休日含む)は休業

【新設】人類史の謎を追う 古人骨・DNA・考古学情報の最前線から

講師名 九州大学名誉教授 中橋 孝博
講座内容
中橋孝博講師
19世紀に始まった人類学は、さまざまな視点と手法を駆使し、人類の起源に迫る研究をすすめてきました。ネアンデルタール人はホモ・サピエンスに滅ぼされたのか?「人種」の概念とは何か。幾多の論争、相次ぐ驚きの新発見、くつがえった「定説」の数々など、いまだ多くの謎を秘めた人類史研究の最前線を、遺伝子分析や考古学情報を交えて紹介します。

① 7月26日 さまようネアンデルタール人
        ――我々の祖先か? ホモ・サピエンスの起源をめぐる大論争
② 8月23日 衝撃の新発見――「アイスマン」とフローレス原人
③ 9月20日 ダーウィンとヒトラー ――「人種」とは? 差別の由来 人類学の功罪








日時・期間 水曜 10:30-12:00 07/26~09/20 3回
日程 2017年 7/26
受講料(税込み)
7月~9月(3回)
会員 8,748円
一般 9,720円
教材費
設備維持費
注意事項 ◆受付窓口でお手続きの方は、ちらし6をご確認ください。
◆録音、録画、撮影は固くお断りします。
ご案内 ◆教材として資料をお配りする場合、随時実費をいただきます。
講師紹介 中橋 孝博 (ナカハシ タカヒロ)
1948年生。九州大学卒業。同大学大学院理学研究科博士課程退学。フランス人類博物館、人類古生物学研究所留学の後、九州大学医学部講師、同大学大学院比較社会文化研究科助教授、同研究院教授。医学博士。現在は国立奈良文化財研究所客員研究員、橿原考古学研究所特別指導研究員。著書に『日本人の起源』(講談社選書メチエ)『倭人への道』(吉川弘文館歴史文化ライブラリー)など。

履歴