戦争の古代史| 中之島教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

06-6222-5222

月~土 9:30~18:30 / 第2・4 日 9:30~13:30 祝日(振替休日含む)は休業

【新設】戦争の古代史

講師名 国際日本文化研究センター教授 倉本 一宏
講座内容
日本というと戦争ばかりしていた国と思われがちですが、実は前近代においては、対外戦争はほとんど経験していません。戦争について正しく分析することこそ、未来の戦争を防止する一番の手段です。
五世紀初頭に高句麗と戦った戦争、七世紀後半に唐・新羅連合軍と戦った白村江の戦について、その原因や戦略、戦術、そして戦況や結果を分析していきます。(途中休憩を含む)

①13時~14時30分     高句麗好太王との戦
②14時45分~16時15分  白村江の戦
日時・期間 木曜 13:00-16:15 10/26~10/26 1回
日程 2017年 10/26
受講料(税込み)
10月~10月(1回)
会員 6,048円
一般 6,696円
教材費
設備維持費
注意事項 窓口でお手続きされる方は、ちらし7をご確認ください。
ご案内 ※教材としてプリントをお配りする場合、実費をいただきます。途中休憩あり。
講師紹介 倉本 一宏 (クラモト カズヒロ)
三重県津市生まれ。東京大学大学院人文科学研究科国史学専門課程博士課程修了。現在、国際日本文化研究センター教授。博士(文学、東京大学)。
主要著書:『一条天皇』『壬申の乱』『壬申の乱を歩く』『平安貴族の夢分析』『持統女帝と皇位継承』『紫式部と平安の都』(以上、吉川弘文館)、『三条天皇』『藤原伊周・隆家』(ミネルヴァ書房)、『藤原道長の日常生活』『戦争の日本古代史』(講談社現代新書)、『藤原道長の権力と欲望』(文春新書)、『藤原道長「御堂関白記」を読む』(講談社選書メチエ)『平安朝 皇位継承の闇』(角川学芸出版)、『「旅」の誕生』(河出ブックス)、『蘇我氏』(中公新書)

履歴