地球の誕生と進化 大陸衝突、火山と日本列島| 中之島教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

06-6222-5222

月~土 9:30~18:30 / 第2・4 日 9:30~13:30 祝日(振替休日含む)は休業

創世のドラマに迫る 【新設】地球の誕生と進化 大陸衝突、火山と日本列島

講師名 神戸大学海洋底探査センター教授・センター長 巽 好幸
講座内容
(左から)マグマオーシャン、生命誕生、全球凍結、現在の地球(イメージ図) / 巽好幸講師
地球は約46億年前に誕生したと考えられています。原始太陽を中心に塵やガスが渦を巻きながら回り、それらが衝突や合体を繰り返して惑星が生まれました。地球の周りに大気ができると温室効果によって急激に温度が上がり、地球表面はマグマで覆われますが、やがて冷え固まり、大量の雨が降って巨大な海と大陸ができ、プレート運動が始まりました。プレート運動は大陸や海の配置を大きく変化させてきましたが、日本列島はその中でも最も活発に地震や火山活動などが起こり、一方で、地球上で最も豊かな自然に恵まれています。地球には、なぜ太陽系で唯一陸と海があるのか。巨大噴火は予知できるのか。日本列島の驚くべき成り立ちとは。マグマ学が専門の巽講師が最新の知見を紹介し、壮大な地球の営みのドラマに迫ります。
日時・期間 土曜 13:30-16:00 04/21~04/21 1回
日程 2018年 4/21
受講料(税込み)
4月~4月(1回)
会員 3,780円
一般 3,996円
教材費
設備維持費
注意事項 ◆受付窓口でお手続きの方は、ちらし16をご確認ください。
◆録音、録画、撮影は固くお断りします。
★講座時間:13時30分~16時(途中休憩含む)
ご案内 ◆教材として資料をお配りする場合、随時実費をいただきます。
講師紹介 巽 好幸 (タツミ ヨシユキ)
1954年生。京都大学理学部卒業。東京大学大学院理学研究科博士後期課程修了。マンチェスター大学研究員、京都大学総合人間学部教授、同大学大学院理学研究科教授、東京大学海洋研究所教授を経て、現職。博士(理学)。専門はマグマ学。マグマ成因論、固体地球進化論で世界をリードする。著書に『地球の中心で何か起こっているのか』『富士山大噴火と阿蘇山大爆発』(幻冬舎)、『なぜ地球だけに陸と海があるのか』『和食はなぜ美味しい』((岩波書店)、『地震と噴火は必ず起こる』(新潮社)など。日本地質学会賞、日本火山学会賞、米国地球物理学連合ボーエン賞、井植文化賞などを受賞。

履歴