天才仏師運慶の仏像| 中之島教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

06-6222-5222

月~土 9:30~18:30 / 第2・4 日 9:30~13:30 祝日(振替休日含む)は休業

天才仏師運慶の仏像 光得寺と真如苑の大日如来坐像について

講師名 京都造形芸術大学教授 金子 典正
講座内容
今秋9月26日~11月26日に東京国立博物館で特別展「運慶」が開催されます。講座では展覧会に出陳される足利市光得寺の大日如来坐像と近年発見された真如苑の大日如来坐像について考察します。講座の前半では、まずは運慶の作例を概観した後、光得寺の大日如来坐像について詳しくみていきます。講座の後半では、真如苑の大日如来坐像を詳しくみた後、両像は同市の樺崎寺伝来の大日如来坐像であることを講じます。プロジェクターとプリントを使用しながら、展覧会のみどころと運慶研究の面白さを分かりやすくお伝えします。
(前半13:30~14:40、後半14:50~16:00、途中10分休憩あり)
日時・期間 火曜 13:30-16:00 09/19~09/19 1回
日程 2017年 9/19
受講料(税込み)
9月~9月(1回)
会員 3,780円
一般 3,996円
教材費
設備維持費
注意事項 窓口でお手続きされる方は、チラシをご確認ください。別途、資料代として実費(1枚につき20円)をいただきます。途中10分休憩がございます。
講師紹介 金子 典正 (カネコ ノリマサ)
1966年生まれ。博士(文学)。早稲田大学大学院博士課程修了。仏教美術史・東洋美術史専攻。同大学文学部助手、講師、准教授を経て現職。論文・研究に「唐招提寺『金亀舎利塔』について」「中国仏教初伝期に於ける仏像受容の実態に関する一考察」など多数。出版物に『芸術教養シリーズ3 中国の美術と工芸 アジアの芸術史 造形篇I』(藝術学舎、2013)ほか。

履歴