エッセー・随筆教室| 中之島教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

06-6222-5222

月~土 9:30~18:30 / 第2・4 日 9:30~13:30 祝日(振替休日含む)は休業

エッセー・随筆教室

講師名 元朝日新聞記者、一般社団法人心学明誠舎理事 宇澤 俊記
講座内容
講師写真
エッセーを書き、教室で添削・合評・指導を受けて文章を磨く――こうして創作の楽しさ、深さ、充実感を味わっていきましょう。書くことで新たな自己発見や人生の再評価につなげていきましょう。
<カリキュラム>
第1回 講義・名作エッセーの鑑賞と分析 第1回作品提出日
第2回 講義・受講生の作品研究と指導
第3回 講義・名作エッセーの鑑賞と分析 第2回作品提出日
第4回 講義・受講生の作品研究と指導  
第5回 講義・名作エッセーの鑑賞と分析 第3回作品提出日
第6回 講義・受講生の作品研究と指導
日時・期間 火曜 10:30-12:30 01/15~03/19 6回
日程 2019年 1/15
受講料(税込み)
1月~3月(6回)
会員 16,200円
教材費
設備維持費
注意事項 窓口でお手続きされる新規・再開の方は、15番のちらしと原稿提出の手引き(ご案内プリント)をご覧ください。
お申込みの前に 当センターに初めてお越しになられる方は、ホームページの「アクセス」からアクセスマップ下の「フロアマップ」をご覧ください。
講座は、当ビル18階の5教室で行います。なお、予定していた教室から変更になる場合がございます。変更の場合は、入口掲示板でご案内をいたします。
ご案内 ※初回は作品提出日になります。また、作品はワープロソフトを使用し、清書した形でご提出いただくことになりますので、予めご了承ください。
講師紹介 宇澤 俊記 (ウザワ シュンキ)
朝日新聞社会部で大阪府警を担当し、グリコ・森永事件などを取材した。CATV会社社長を経て、現在(財)関西・大阪21世紀協会の「なにわ大阪をつくった100人」の取材・執筆メンバー。編著「阿波おどりの世界」。

履歴