『源氏物語』を読む楽しみ| 中之島教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

06-6222-5222

月~土 9:30~18:30 / 第2・4 日 9:30~13:30 祝日(振替休日含む)は休業

『源氏物語』を読む楽しみ

講師名 京都橘大学教授 福嶋 昭治
講座内容
福嶋昭治講師
源氏物語は千年前に書かれた物語です。書かれた当初から愛読者を獲得し、千年の間とぎれることなくどんな時代にも読み続けられてきました。時代の世相の差異を超えて読み続けられた理由は、ひとえに面白かったからです。現代の私たちにとってもやはり源氏物語は面白く、読むことによって、自分の人生を考えるきっかけとなるものです。1月は「いづれの御時にか―桐壺 その1 物語の出発」、2月は「はかなき花紅葉につけて―桐壺その2 光源氏の恋」、3月は「なよ竹のここち―帚木・空蝉 空蝉との恋」と題し、3回にわたり、その魅力をお伝えします。古典文法や文学史に関わる知識などいっさい必要ありません。1回ごとの受講も可能です。物語の流れを追いつつ、原文を何カ所か取り上げて、丁寧に解説します。
日時・期間 月曜 13:00-14:30 01/22~03/05 3回
日程 2018年 1/22
受講料(税込み)
1月~3月(3回)
会員 9,072円
一般 10,044円
教材費
設備維持費
注意事項 窓口でお手続きの方は、ちらし1をご覧ください。
ご案内 テキストはプリントを使用します(実費をいただきます)
カリキュラム 1月22日「いづれの御時にか―桐壺 その1 物語の出発」
2月5日「なよ竹のここち―空蝉との恋」
3月5日「はかなき夕顔―夕顔の巻」
講師紹介 福嶋 昭治 (フクシマ ショウジ)
1948年生。大阪大学大学院文学研究科修士課程修了。著書に『物語文学の系譜』『光源氏が見た京都』『源氏物語カルチャー講座』『紫式部と越前武生』など。

履歴