孫崎享が解き明かす「ゾルゲ事件の信実」| 中之島教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

06-6222-5222

月~土 9:30~18:30 / 第2・4 日 9:30~13:30 祝日(振替休日含む)は休業

孫崎享が解き明かす「ゾルゲ事件の信実」 出版記念講座

講師名 元外務省国際情報局長 孫崎 享
講座内容
ゾルゲ事件は“20世紀最大のスパイ事件”と呼ばれ、首謀者のゾルゲや尾崎秀実は死刑となりました。しかしながら、彼らは死刑に値するほど日本の国益を害したのでしょうか。ゾルゲはドイツがソ連侵攻後、「日本軍は極東に攻めない」と報告し、この情報をもとにソ連軍は西部戦線に転戦したとされていますが、これは事実ではありません。ゾルゲ事件は東條英機による近衛首相追い落としと深い関係があります。更に冷戦時には、米国や日本などの資本主義陣営が共産主義と戦うためにゾルゲ事件を喧伝したと考えます。
日時・期間 日曜 13:30-15:00 03/26~03/26 1回
日程 2017年 3/26
受講料(税込み)
3月~3月(1回)
会員 3,240円
一般 3,672円
教材費
設備維持費
注意事項 窓口でお手続きの方は別紙をご確認ください。
講師紹介 孫崎 享 (マゴサキ ウケル)
1943年旧満州国鞍山生まれ。1966年東京大学法学部中退。外務省入省。駐ウズベキスタン大使、国際情報局長、駐イラン大使を歴任。2002年より防衛大学校教授。2009年3月退官。↓↓著書に『戦後史の正体 1945-2012』『日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土』『不愉快な現実 中国の大国化、米国の戦略転換』『これから世界はどうなるか 米国衰退と日本』『カナダの教訓 超大国に屈しない外交』ほか多数。↓↓

履歴