「幸せな時間」の作り方| 中之島教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

06-6222-5222

月~土 9:30~18:30 / 第2・4 日 9:30~13:30 祝日(振替休日含む)は休業

【新設】「幸せな時間」の作り方

講師名 精神科医 名越 康文
講座内容
名越康文講師
だれもがみんな、ちょっと生きづらいと感じながら、毎日を過ごしています。怒りや嫉妬などの強い感情と、小さくても確実な幸せにふんわりあたたかく優しい感情が入り混じる日々。「一生懸命はええけど、頑張りすぎはあかんよ」と語るのは、『生きるのが“ふっと”楽になる13のことば』などの著書もあり、テレビなどでも活躍する精神科医。自身が心を動かされた先人の教えを紹介しながら、幸せな時間の作り方や、才能の見つけ方、日常の様々な悩みへの実践
的な対処法をお教えします。
日時・期間 火曜 19:00-20:30 07/24~07/24 1回
日程 2018年 7/24
受講料(税込み)
7月~7月(1回)
会員 3,024円
一般 3,348円
教材費
設備維持費
注意事項
ご案内 録音や写真撮影は、固くお断りします。
講師紹介 名越 康文 (ナコシ ヤスフミ)
1960年奈良県生まれ。精神科医。相愛大学、高野山大学客員教授。専門は思春期精神医学、精神療法。近畿大学医学部卒業。大阪府立中宮病院(現:大阪府立精神医療センター)にて、精神科救急病棟の設立、責任者を経て、1999年に同病院を退職。引き続き臨床に携わる一方で、テレビ・ラジオでコメンテーター、映画評論、漫画分析など様々な分野で活躍中。主な著書に『心がフッと軽くなる「瞬間の心理学」』(角川新書)、『自分を支える心の技法』(医学書院)、『どうせ死ぬのになぜ生きるのか』(PHP新書)、『「男はつらいよ」の幸福論 寅さんが僕らに教えてくれたこと』(日経BP社)などがある。近刊に『SOLO TIME(ソロタイム)「ひとりぼっち」こそが最強の生存戦略』(夜間飛行)、『「他人」の壁 唯脳論×仏教心理学が教える「気づき」の本質』(養老毅氏と共著、SB新書)。

履歴