人生が変わる白内障手術| 中之島教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

06-6222-5222

月~土 9:30~18:30 / 第2・4 日 9:30~13:30 祝日(振替休日含む)は休業

人生が変わる白内障手術 最先端のレーザー手術と老眼も改善する多焦点眼内レンズ

講師名 大宮七里眼科院長 山﨑 健一朗
講座内容
(C)幻冬舎メディアコンサルティング
白内障は加齢に伴いすべての人がかかる目の状態です。多くの場合は50~60歳ごろから増加し、70歳を超えた人のほとんどが白内障となります。従来の白内障手術は単に白内障を治す目的で行われていました。しかし最先端の白内障手術は白内障だけでなく、多焦点眼内レンズを用いることで遠視や近視、そして乱視や老眼でさえも治すことができます。さらに最近ではレーザーで組織を高い精度で切開するレーザー白内障手術が開発されました。講座では、この手術に日本で初めて成功した講師が、現在の最先端白内障手術の技術、効果やリスクについて解説し、著書「人生が変わる白内障手術」についても紹介します。
日時・期間 日曜 13:00-14:30 06/24~06/24 1回
日程 2018年 6/24
受講料(税込み)
6月~6月(1回)
会員 3,024円
一般 3,456円
教材費
設備維持費
注意事項 窓口で申し込みの方は受付の別紙案内をお覧ください。
講師紹介 山﨑 健一朗 (ヤマザキ ケンイチロウ)
日本眼科学会認定 眼科専門医。2012年に日本初のフェムトセカンドレーザー白内障手術に成功。2016年12月現在、大宮七里眼科で行った白内障手術は4800例以上。うちレーザー白内障手術は1000例以上。レーザー白内障手術、多焦点眼内レンズにおいて日本最多レベルの症例数を持つ。著書に、『人生が変わる白内障手術』(幻冬舎)。

履歴