メディチ家の至宝 驚異の工芸コレクション| 中之島教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

06-6222-5222

月~土 9:30~18:30 / 第2・4 日 9:30~13:30 祝日(振替休日含む)は休業

メディチ家の至宝 驚異の工芸コレクション フィレンツェの魅力再発見

講師名 阪南大学国際コミュニケーション学部教授 松本 典昭
講座内容
バロック真珠の動物 / 貴石象嵌細工「フィレンツェ・モザイク」のテーブル天板
15世紀から18世紀までフィレンツェを支配したメディチ家。美術品のパトロンとしては有名ですが、工芸品のコレクターだったことはあまり知られていません。ところが工芸品は美術品よりも格段に高価な宝物でした。じつはメディチ家の人びとが秘かに愛玩したり、賓客に得意満面に見せびらかしたりしていたのは、驚異の工芸品のほうだったのです。講座では、カメオやメダル、「フィレンツェ・モザイク」や「メディチ磁器」、象牙細工やペルシア・アステカ・中国・日本の工芸品にいたる珠玉のコレクションを華麗なる一族の豊かなエピソードとともに紹介します。知られざる博物館をめぐりながら知られざるフィレンツェの新たな魅力を再発見してみてください。
日時・期間 土曜 10:30-12:00 05/20~06/03 3回
日程 2017年 5/20
受講料(税込み)
5月~6月(3回)
会員 8,748円
一般 9,720円
教材費
設備維持費
注意事項 窓口でお手続きの方は、ちらし7をご確認下さい。
カリキュラム ①5月20日 ルネサンス時代の宝物コレクション
②5月27日 マニエリスム時代の宝物コレクション
③6月 3日 バロック時代の宝物コレクション
講師紹介 松本 典昭 (マツモト ノリアキ)
1955年生。88-91年、イタリア政府給費留学生としてフィレンツェ大学に学ぶ。92年、同志社大学大学院文学研究科修了。現在、阪南大学国際コミュニケーション学部教授。博士(文化史学:同志社大学)。専攻はイタリア史、ヨーロッパ文化史。著書に、『メディチ君主国と地中海』(晃洋書房)、『パトロンたちのルネサンス』(NHK出版)、『メディチ宮廷のプロパガンダ美術』(ミネルヴァ書房)など。共訳書に、『マキァヴェッリ全集6』(筑摩書房)、『ミケランジェロと政治』(刀水書房)、『ルネサンス都市フィレンツェ』(岩波書店)など。

履歴