市田京美ダンスワークショップ ピナ・バウシュの魂| 中之島教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

06-6222-5222

月~土 9:30~18:30 / 第2・4 日 9:30~13:30 祝日(振替休日含む)は休業

市田京美ダンスワークショップ ピナ・バウシュの魂

講師名 ダンス講師 市田 京美
講座内容
市田 京美講師
故ピナ・バウシュの率いたヴッパタール舞踊団で、日本人初のダンサーとしてピナと20年を共にした市田京美さんが指導するワークショップです。コンテンポラリーのダンサーにとって大切なのは、科学と感情を結び付けた優れたメソッド「クルト・ヨースの理論」。ピナが重要視したこの理論を、現在もフランスを拠点に活動する市田さんが、これまで培ってきた事と共にレクチャーします。ダンス経験の全く無い方からダンスを学んでいる方まで、どなたでも楽しく参加でき、「ピナの魂」を感じ取ることができる貴重な機会です。
日時・期間 木曜 10:30-12:30 04/26~04/26 1回
日程 2018年 4/26
受講料(税込み)
4月~4月(1回)
会員 3,240円
一般 3,780円
教材費
設備維持費
注意事項 窓口でお手続きされる方は、21番のちらしをご確認ください。
ご案内 動きやすい服装、タオル、足元はダンスシューズ(室内用)でも裸足でも可。
更衣室あり。
講師紹介 市田 京美 (イチダ キョウミ)
1973年に渡欧し、ウェスト・ロンドン・カレッジ、ランバート・バレエ・アカデミー等で学ぶ。1977年、スザンヌ・リンケがディレクターを務めるFolkwang Tanz Studio(ドイツ)に入り活動。1981年、Tanztheater Wuppertal Pina Bauschの「春の祭典」にゲスト出演する機会があり、その後、Tanztheater Wuppertalに参加。「Nelken」はじめ数多くの作品に出演。1998年よりThe Thomas Duchatelet Companyに所属し、ダンス指導、リハーサルディレクターとして活躍中。

履歴