プルースト『失われた時を求めて』を読み解く| 中之島教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

06-6222-5222

月~土 9:30~18:30 / 第2・4 日 9:30~13:30 祝日(振替休日含む)は休業

【新設】プルースト『失われた時を求めて』を読み解く ワーグナー受容をめぐって

講師名 大阪大学教授 和田 章男
講座内容
19世紀末から20世紀初頭にかけてフランスではワーグナーの楽劇が空前のブームとなる。他方、プルーストの草稿においてもワーグナーは最も多く言及される音楽家であり、小説形成に少なからぬ影響を与えている。パリでのワーグナー楽劇の演奏史、ワーグナー派と反ワーグナー派の対立など同作曲家のフランスでの受容の流れの中に、プルーストの見方を位置づけつつ、小説の大団円となる「ゲルマント大公妃の午餐会」の草稿において、無意識的記憶による啓示を受ける際に、『パルジファル』が演奏されていたことの意味を考察する。
日時・期間 火曜 10:30-12:00 12/11~12/11 1回
日程 2018年 12/11
受講料(税込み)
12月~12月(1回)
会員 2,916円
一般 3,240円
教材費
設備維持費
注意事項 窓口でお手続きされる方は、受付プリントをご確認ください。
講師紹介 和田 章男 (ワダ アキオ)
1954年生。大阪外国語大学外国語学部フランス語学科卒業。大阪大学大学院文学研究科博士課程単位修得退学。フランス国パリ第4大学第Ⅲ課程文学博士号取得。大阪大学文学部助手を経て現職。↓↓

履歴