今夜、植島啓司が聞く| 中之島教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

06-6222-5222

月~土 9:30~18:30 / 第2・4 日 9:30~13:30 祝日(振替休日含む)は休業

【新設】今夜、植島啓司が聞く 山口椿の秘密―作家・画家・チェリストとして

講師名 作家、画家、チェリスト 山口 椿
宗教人類学者 植島 啓司
講座内容
山口講師と植島講師
ぼくが最も敬愛する作家・山口椿さんは、ある意味天才だと思う。若い頃にフランス政府給費留学生としてフランスに渡り、イタリアではマリーノ・マリーニらに師事して絵を学んだことはよく知られている。それなのにまた彼は誰も知らぬものなきポルノグラフィーの名手で50冊を超える著作をものにしている。江戸の香りのする文体で、下書きもせずにさっと仕上げてしまうその手法は、絵を描くにしても、刺青を彫るにしても、チェロを弾くにしても、すべてに通じる職人芸だといえよう。そんな山口椿さんをゲストに迎えて、その創作の秘密についてお聞きしたいと思っている(植島講師・記)。
日時・期間 水曜 19:00-20:30 03/28~03/28 1回
日程 2018年 3/28
受講料(税込み)
3月~3月(1回)
会員 3,456円
一般 3,888円
教材費
設備維持費
注意事項
講師紹介 山口 椿 (ヤマグチ ツバキ)
「逝く夏に」(文芸春秋)、「雨月物語」(小学館)。ネーダーランド派のレプリカ、サラチーニコレクション。現代音楽祭に自作自演。
植島 啓司 (ウエシマ ケイジ)
1947年東京生まれ。宗教人類学者。東京大学卒業。東京大学大学院人文科学研究科(宗教学専攻)博士課程修了。シカゴ大学大学院に留学後、NYニュースクール・フォー・ソーシャルリサーチ客員教授、関西大学教授、人間総合科学大学教授などを歴任。著書に『快楽は悪か』(朝日新聞出版)、『男が女になる病気』(朝日出版社)、『賭ける魂』(講談社現代新書)、『聖地の想像力』、『偶然のチカラ』、『世界遺産 神々の眠る「熊野」を歩く』、『生きるチカラ』『日本の聖地ベスト100』(いずれも集英社新書)、『熊野 神と仏』(原書房、共著)、監訳『図説 聖地への旅』(原書房)など。

履歴