世界で最も有名なタロット ―象徴に隠された謎に迫る| 中之島教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

06-6222-5222

月~土 9:30~18:30 / 第2・4 日 9:30~13:30 祝日(振替休日含む)は休業

【新設】世界で最も有名なタロット ―象徴に隠された謎に迫る

講師名 占い・精神世界研究家 伊泉 龍一
講座内容
伊泉龍一講師
1909年にロンドンで出版された「ウェイト版」と呼ばれるものが、今日、世界的に最も有名なタロットです。78枚のその絵は、神秘主義者アーサー・エドワード・ウェイトの考案に基づき、女流画家パメラ・コールマン・スミスによって描かれました。「小アルカナ」の謎に迫る1回目は、画家の生涯を追いながら、絵が誕生する背景を辿り、絵に隠された知られざる意味を浮き彫りにしていきます。続く「大アルカナ」の謎に迫る2回目は、カバラの生命の木を中心とした当時のオカルティズムが、いかに「ウェイト版」の絵の象徴を形作っているかを見ていきます。ヨーロッパの歴史や文化に深く底流するタロットというものを知るにはぴったりの内容です。タロットについて、すでに詳しい方も、これまで思ってもみなかったウェイト版の「真実」に触れることができるはずです。
日時・期間 木曜 19:00-20:30 07/12~07/26 2回
日程 2018年 7/12
受講料(税込み)
7月~7月(2回)
会員 6,048円
一般 7,128円
教材費
設備維持費
注意事項
ご案内 教材として資料をお配りする場合は、実費をいただきます。
講師紹介 伊泉 龍一 (イズミ リュウイチ)
占い・精神世界研究家。多数の著書や訳書などで様々な西洋の占いを紹介している。最新の翻訳書は、マーカス・カッツ、タリ・グッドウィン著『シークレット・オブ・ザ・タロット――世界で最も有名なタロットの真実と謎』(フォーテュナ)。その他の著書・翻訳書として、ケヴィン・バーク著『占星術完全ガイド』(同)。レイチェル・ポラック著『タロットの書――叡智の78の段階』(同)、『タロット大全――歴史から図像まで』(紀伊國屋出版)、『タロット占術大全』(説話社)、『リーディング・ザ・タロット』(駒草出版)、ジョアン・バニング著『ラーニング・ザ・タロット』(同)等がある。オフィシャル・サイト:運命の世界 http://unmeinosekai.com/ 西洋占星術の世界http://astro-fortune.com/

履歴