正伝寺の庭をたずねる| 中之島教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

06-6222-5222

月~土 9:30~18:30 / 第2・4 日 9:30~13:30 祝日(振替休日含む)は休業

【新設】正伝寺の庭をたずねる

講師名 作庭家・庭園史研究家 重森 千靑
講座内容
獅子の子渡しの庭 / 重森千靑講師 / 正伝寺
美しい池泉庭園、枯淡な枯山水庭園、用と鑑賞の美を併せ持った露地など、日本庭園にはさまざまな構成が見られます。今回は、西賀茂の名刹、正伝寺をたずねます。比叡山を借景に、白砂の上に皐月の刈込で七五三を表現した庭園は、獅子の子渡しの庭とも呼ばれる枯山水の傑作です。作庭家がお教えするとっておきの庭を鑑賞し、その美しさ、構成の魅力を楽しみましょう。
日時・期間 金曜 11:00-12:30 09/21~09/21 1回
日程 2018年 9/21
受講料(税込み)
9月~9月(1回)
会員 2,916円
一般 3,456円
教材費 イヤホン代 700円
設備維持費
注意事項 受付でお手続きされる方は、ちらし33をご確認ください。
ご案内 11時までに正伝寺庫裏前にご集合ください。
拝観料400円を当日徴収させていただきます。
イヤホン不要の方は、9/10までにお申し出ください。700円を当日現地でお返しします。
カリキュラム 9/21 正伝寺(現地1回)
講師紹介 重森 千靑 (シゲモリ チサヲ)
当代庭園学の第一人者重森三玲を祖父に持ち、父も作庭家という家庭に育つ。日本庭園についての著述、講演、講師活動ならびに日本全国にて庭園の設計に携わる。1991年、ロンドンを中心にして開かれたジャパンフェスティバルの一環事業として<ロンドン京都庭園>の作庭派遣団の一員として、ロンドン市内のホーランドパークにて日本庭園の作庭に従事。現重森庭園設計研究室代表。京都工芸繊維大学非常勤講師。

履歴