法華経を読む| 名古屋教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

052-249-5553

月~土 9:30~18:30 / 日 9:30~16:30  

法華経を読む 如来寿量品の教え

講師名 元愛知学院大学長 大野 榮人
講座内容
歴史上の釈尊は、齢80歳でクシナーラで入滅されました。仏弟子や在俗の人々は、釈尊に代わる永遠の仏を求めるようになりました。仏身論が展開され、過去仏・未来仏・十方遍満仏などの多くの仏を生みだしました。
 終極的には、すべての人間に仏性(仏になる可能性)・如来蔵(不変なさとりの本性)を具えていて、人間が仏になることを初めて明らかにしました。
 無常を説く仏教が、なぜ「永遠の仏」を誕生させなければならなかったのかをご一緒に考えていきたいと思います。
日時・期間 金曜 13:30-15:00 07/06~09/21 6回
日程 2018年 7/6
受講料(税込み)
7月~9月(6回)
会員 12,960円
教材費 資料代 0円
設備維持費 972円
注意事項
お申込みの前に 見学可
講師紹介 大野 榮人 (オオノ ヒデト)
大野 榮人(おおの ひでと/えいにん、1944年12月28日 - )は日本の仏教学者。愛知学院大学元学長。学位は博士(仏教学)(駒澤大学)。専門は中国仏教、天台学、及び禅観成立史。清洲越しの古刹で織田信長所縁の曹洞宗天寧寺住職。
略歴
1967年、駒澤大学仏教学部卒業
1973年、大谷大学大学院文学研究科博士後期課程満期退学
1981年、日本印度学仏教学会賞を受賞
1992年11月、「天台智顗における止観の成立史的研究」により駒澤大学より博士(仏教学)を授与
愛知学院大学文学部長・禅研究所所長・図書館情報センター館長等を歴任
2008年、東海印度学仏教学会賞学術賞を受賞
2010年3月、愛知学院大学学長に就任
2014年10月、愛知学院大学学長を退任
著書

『天台止観成立史の研究』(法藏館 1996年)
『仏陀の足跡と思想』・『仏教の原点を尋ねて』(文栄堂書店 1983年)
『天台六妙法門の研究』(山喜房佛書林 2004年)
『天台小止観の訳註研究』(山喜房佛書林 2004年、伊藤光寿・武藤明範と共著)




レコメンド

履歴