玄侑宗久講演会―壽(ことぶき)の思想| 名古屋教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

052-249-5553

月~土 9:30~18:30 / 日 9:30~16:30  

【新設】玄侑宗久講演会―壽(ことぶき)の思想

講師名 作家 臨済宗僧侶 玄侑 宗久
講座内容
玄侑宗久氏
中国では単に「いのちながし」という意味だった「壽」が、日本に来ると「ことぶき」と訓まれるようになった。「ことぶき」とは「言祝ぎ」が訛ったのである。現状を言葉に出して肯定する、という「言祝ぎ」が、なにゆえ長寿を意味する言葉の訓みになったのか。そこには日本人の思想が関わっている気がする。「壽」の入った熟語も学びつつ、「意味のある偶然」や「祈り」についても考えてみたい。
日時・期間 木曜 14:00-15:30 05/31~05/31 1回
日程 2018年 5/31
受講料(税込み)
5月~5月(1回)
会員 3,348円
一般 3,672円
教材費
設備維持費 162円
注意事項
お申込みの前に 会場:朝日会館15階(名古屋市中区栄1-3-3)
地下鉄東山線「伏見」駅下車、7番出口より徒歩5分
※講演会30分前にご入場頂けます。
★当日会場で手続き頂く場合、会員の方も一般料金(3,672円)となりますので、ご了承願います。
ご案内 会場:朝日会館15階(名古屋市中区栄1-3-3)
地下鉄東山線「伏見」駅下車、7番出口より徒歩5分
※講演会30分前にご入場頂けます。
講師紹介 玄侑 宗久 (ゲンユウ ソウキュウ)
作家・臨済宗福聚寺住職。花園大学仏教学科および新潟薬科大学応用生命科学部客員教授。1956年福島県生まれ。慶應義塾大学中国文学科卒業後、京都天龍寺僧堂に入門。「中陰の花」で芥川賞、「光の山」で芸術選奨文科大臣賞。震災後は政府復興構想会議委員、「たまきはる福島基金」理事長。近著は「荘子と遊ぶ」「やがて死ぬけしき」「竹林精舎」など。公式サイト:http://genyu-sokyu.com/

履歴