辺境探検家・高野秀行の世界の“シワ”に夢見る| 名古屋教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

052-249-5553

月~土 9:30~18:30 / 日 9:30~16:30  

【新設】辺境探検家・高野秀行の世界の“シワ”に夢見る

講師名 ノンフィクション作家 高野 秀行
講座内容
高野講師 / アフリカ納豆(ナイジェリア) / 高野講師(ネパール)
「だれも行かないところへ行き、誰もやらないことをやり、面白おかしく書く」をモットーに、辺境や僻地、地球の“シワ”みたいな土地に出かけては痛い目に遭う高野秀行。命懸けだが、でもなんだか笑ってしまう。幻の怪獣・ムベンベを追い、アジア納豆を求める旅のレポートなどを中心に。
日時・期間 日曜 13:00-14:30 11/04~11/04 1回
日程 2018年 11/4
受講料(税込み)
11月~11月(1回)
会員 3,240円
一般 3,672円
教材費
設備維持費 162円
注意事項
講師紹介 高野 秀行 (タカノ ヒデユキ)
ノンフィクション作家。1966年東京生まれ。早稲田大学探検部当時執筆した『幻獣ムベンベを追え』でデビュー。タイ国立チェンマイ大学日本語教師を経て、ノンフィクション作家に。『ワセダ三畳青春記』(集英社文庫)で第一回酒飲み書店員大賞受賞。『謎の独立国家ソマリランドそして海賊国家』(本の雑誌社)で講談社ノンフィクション賞、梅棹忠夫・山と探検文学賞を受賞。著書は他に『移民の宴』『イスラム飲酒紀行』(以上講談社文庫)、『ミャンマーの柳生一族』(集英社文庫)、『未来国家ブータン』『恋するソマリア』(以上集英社)、『謎のアジア納豆-そして帰ってきた<日本納豆>』(新潮社)など多数。モットーは「誰も行かないところへ行き、誰もやらないことをやり、それをおもしろおかしく書く」。

履歴