(特)4Dで体感する大宇宙の神秘~ブラックホール| 名古屋教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

052-249-5553

月~土 9:30~18:30 / 日 9:30~16:30  

【新設】(特)4Dで体感する大宇宙の神秘~ブラックホール

講師名 京都大学天文台天文普及プロジェクト室室長/京都情報大学院大学准教授 青木 成一郎
講座内容
NASA/Swift/Aurore Simonnet, Sonoma State University 提供 / M. Weiss/CfA 提供 / 青木成一郎講師
街明かりがない夜空では星が多く見えますが、実際、宇宙には星がどれだけあるでしょうか? 
恒星を約1000億個含む銀河が宇宙には約1兆個存在すると想定されるため、ざっと宇宙全体で1兆×1000億個ほどあると考えられています。
この宇宙の広大さを実感しながら、宇宙の構造を知るため、本講座では最新天文学に基づく宇宙の4D映像(三次元+時間軸)を立体的に見ながら解説します。
特に、重力波の発見で注目が集まる、神秘と謎に満ちたブラックホールについて、その実態と周りへ及ぼす影響を講師の解説を聞きながら、学びましょう。

「<シリーズ宇宙の中の地球と生命>第1回活動する惑星・地球」講座を同時にお申込みいただきますと、
2講座あわせて500円の割引が適用されます
*ご希望の方はこちらから(https://www.asahiculture.jp/nagoya/course/3a460a81-c545-5afe-f463-589298f343ea)お申し込みください
(高校生以下を除く。詳細はお問い合わせください)
日時・期間 土曜 17:30-19:30 05/27~05/27 1回
日程 2017年 5/27
受講料(税込み)
5月~5月(1回)
会員 3,456円
一般 3,780円
教材費
設備維持費
注意事項 当日は3Dメガネを装着していただきます。
講師紹介 青木 成一郎 (アオキ セイイチロウ)
東京大学大学院理学系研究科博士課程修了(博士(理学))。2016年1月から現職。専門は宇宙プラズマ物理学。最近は特に天文教育普及活動を積極的に推進し、4次元デジタル宇宙シアターによる講演やイベント運営多数。また、京都の天文歴史街歩きプロジェクト「京都千年天文学街道」の実行副委員長を務める。「平成25年度 文部科学大臣表彰 科学技術賞 理解増進部門」受賞。

履歴