(特)五代目小さんと花緑~あの世とこの世の二人羽織| 名古屋教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

052-249-5553

月~土 9:30~18:30 / 日 9:30~16:30  

【新設】(特)五代目小さんと花緑~あの世とこの世の二人羽織

講師名 落語家 柳家 花緑
講座内容
柳家花緑
落語の新しい未来を切りひらく旗手として注目の柳家花緑。古典落語はもとより、新作にも意欲的に取り組み、スピード感あふれる歯切れの良い語り口が人気です。舞台など様々なジャンルにも幅広くチャレンジし続け、そこから汲み取った芸を高座で花緑流笑いに昇華! 選りすぐりの二席を披露とともに、花緑だから語れる名人五代目柳家小さんのエピソードも。

『え~師匠であり祖父である五代目柳家小さんが亡くなって16年が経ちました。スピリチュアル好きな私は、数人の霊能者を介して師匠からメッセージをもらっています。師匠はどうやら私の後ろにいて一緒に落語を喋っているようです。まるで二人羽織です…。生前、師匠から教わったことを含め、いま私が考える落語とはなにか? 二席の落語と共にお聞きいただきます。(柳家花緑・談)』

日時・期間 日曜 13:30-15:30 03/04~03/04 1回
日程 2018年 3/4
受講料(税込み)
3月~3月(1回)
会員 3,780円
一般 4,320円
教材費
設備維持費
注意事項
ご案内 会場:朝日会館15階(名古屋市中区栄1-3-3)
地下鉄東山線「伏見」駅下車、7番出口より徒歩5分
講師紹介 柳家 花緑 (ヤナギヤ カロク)
1971年東京都生まれ。9歳の頃より落語を始め1987年3月、中学卒業後、祖父である故・五代目柳家小さんに入門。1994年、戦後最年少の22歳で真打昇進。着物と座布団という古典落語の伝統を守りつつも、近年では47都道府県落語などを洋服と椅子という現代スタイルで口演する『同時代落語』にも挑戦し、落語の新しい未来を切り拓く旗手として注目の存在である。2015年には舞台『南の島に雪が降る』で初主演を果たすなど、他ジャンルからのオファーも多く、ナビゲーターや俳優としても活躍中。現在『月刊清流』(清流出版)にて「落語『おもしろ』人間学」を連載中。
公式HP http://www.me-her.co.jp/profile/karoku/

履歴