小室等が語る「ぼくたち流のプロテストソング」| 名古屋教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

052-249-5553

月~土 9:30~18:30 / 日 9:30~16:30  

【新設】小室等が語る「ぼくたち流のプロテストソング」

講師名 ミュージシャン 小室 等
元岩波書店取締役 井上 一夫
講座内容
小室等 / プロテストソング2 / 井上一夫
1960年代、アメリカでベトナム反戦と公民権運動のなかで広く歌われ、日本にも大きなうねりをもたらしたプロテストソング。主張の正しさに共鳴しつつ、政治的キャンペーンにとどまるのではなく、もっと深いところで捉えたい。詩人・谷川俊太郎さんと組んだ「プロテストソング」(1978年)に込めた思いは、40年もの時を経て、昨年秋にリリースされた「プロテストソング2」でさらに深められた。なぜ今、プロテストソングか。詩の言葉でプロテストソングが成立するのか。ここに込められた思いを、歌を交えて、存分に語る。

特典…サウダーデ企画を2講お申込み毎に計500円割引※詳細はおたずねください。
会場地図→http://bit.ly/2kpGSeT
日時・期間 土曜 14:00-15:30 10/27~10/27 1回
日程 2018年 10/27
受講料(税込み)
10月~10月(1回)
会員 3,400円
一般 3,700円
教材費
設備維持費 162円
注意事項
ご案内 会場:朝日会館15階(名古屋市中区栄1-3-3)
地下鉄東山線「伏見」駅下車、7番出口より徒歩5分
講師紹介 小室 等 (コムロ ヒトシ)
1943年東京に生まれる。高校時代にギターを始め、フォークグループ「PP&Mフォロワーズ」「六文銭」を経て、ソロ活動。‘71年第2回世界歌謡祭にて『出発の歌』(上條恒彦+六文銭)でグランプリを獲得。‘75年泉谷しげる、井上陽水、吉田拓郎と「フォーライフレコード」を設立。現在は自身のライブ・コンサートを中心に、様々なジャンルのミュージシャンとのコラボレーションやイベントプロデュースも多数。2017年9月に「プロテストソング2」をリリース。映画音楽制作では、『老人と海』(ジャン・ユンカーマン監督、1990年)『ナージャの村』(本橋成一監督、1997年)『沖縄 うりずんの雨』(ジャン・ユンカーマン監督、2015年)、『戦場ぬ止み』(三上智恵監督、2015年)など。著書に『小室等的<音楽的生活>辞典』(晶文社)、『人生を肯定するもの、それが音楽』(岩波新書)、2018年3月に谷川俊太郎との共著『プロテストソング』(旬報社)など。
小室等情報サイト:オフィス・キーズ http://office-khys.com/

井上 一夫 (イノウエ カズオ)
1948年生まれ。北陸出身。1973年岩波書店入社。学術書や岩波新書の編集に携わり、のち取締役(営業担当)。2013年退任。岩波新書編集部時代には空前のベストセラーとなった永六輔『大往生』を担当。また六代目嵐芳三郎さんの遺著となった新書『役者の書置き』は永六輔さんとの縁によって実現した。
2004年、小室等『人生を肯定するもの、それが音楽』を企画・編集する。

履歴