事前稽古 「琵琶」の音に合わせ祇園精舎を語る| 名古屋教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

0120-86-1550

月~土 9:30~18:30 / 日 9:30~16:30  

【新設】事前稽古 「琵琶」の音に合わせ祇園精舎を語る

講師名 筑前琵琶八洲流旭如会会主、琵琶奏者 久世 旭如
講座内容
久世旭如 / 琵琶演奏会風景
旭如会主催の第51回演奏会が、10/28(日)に名古屋能楽堂で開催されます。その本番の舞台で、琵琶の音色に合わせて「祇園精舎」を語ってみませんか。初心者でも構いません。じっくりと事前稽古をして本番にのぞみます。名古屋能楽堂の舞台に上がる滅多にない機会ですので是非チャレンジしてみて下さい。稽古では「敦盛」の練習も行う予定です。
日時・期間 日曜 10:30-12:00 08/26~10/21 6回
日程 2018年 8/26
受講料(税込み)
8月~10月(6回)
会員 6,480円
一般 6,480円
教材費
設備維持費 972円
注意事項
講師紹介 久世 旭如 (クゼ キョクジョ)
旭如会第二代会主、大教範法泰山、寺沢旭如、柴田旭堂に師事、琵琶歴60年。平成27年度名古屋市民芸術祭功労賞受賞。東京都出身。
・筑前琵琶八洲流旭如会
大正4年、当時の実業家・中井己次郎氏らにより、初代宗家安部旭洲が、博多から招へいされ、尾張名古屋発祥の流派として、現在まで連綿と継承。昭和41年、寺沢旭如の元に結成。名古屋能楽堂、名古屋市文化小劇場などの舞台を中心に演奏活動。

履歴