古代都市シリーズ ピラミッドタウンと最古のパピルス| 名古屋教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

0120-86-1550

月~土 9:30~18:30 / 日 9:30~16:30  

【新設】古代都市シリーズ ピラミッドタウンと最古のパピルス

講師名 名古屋大学高等研究院准教授 河江 肖剰
講座内容
河江肖剰氏 / 太陽のピラミッド / ピラミッド
これまで謎の象徴であったエジプトのギザの三大ピラミッドは、近年、大きく変わりつつあります。古代都市『ピラミッド・タウン』の発掘調査や、建設当時の日誌が書かれたパピルスの発見により、4500年前のこの巨石建造プロジェクトが非常に「人間くさい」ものであることが分かってきました。ピラミッド研究の第一線で働く講師が、最新発掘調査の成果も交えてお話します。 (講師記)
日時・期間 日曜 15:45-17:15 12/23~12/23 1回
日程 2018年 12/23
受講料(税込み)
12月~12月(1回)
会員 3,456円
一般 3,456円
教材費
設備維持費 162円
注意事項
講師紹介 河江 肖剰 (カワエ ユキノリ)
エジプト考古学者。1992年から2008年までカイロ在住。エジプトのカイロ・アメリカン大学エジプト学科卒業。2012年、名古屋大学で歴史学の博士号を取得。現在、名古屋大学大学院CHT共同研究員。米国古代エジプト調査協会(Ancient Egypt Research Associates, Inc.)調査メンバー。ピラミッド研究の第一人者マーク・レーナー博士のチームに加わり、ギザでの発掘調査に10年以上にわたって従事。現在、人文科学と自然科学の融合を目指した新しいアプローチによって、メンフィス地区のピラミッドの研究調査を推進中。2015年には、日経ナショナルジオグラフィックにより「日本のエクスプローラー」に選出。『世界ふしぎ発見(TBS)』や『世界一受けたい授業(日テレ)』、NHK総合/BSなどに出演し、エジプト文明について広めている。著書に『ピラミッド・タウンを発掘する』(新潮社)。

履歴