古代スパルタの興亡~もう一つのギリシア史をもとめて| 名古屋教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

052-249-5553

月~土 9:30~18:30 / 日 9:30~16:30  

【新設】古代スパルタの興亡~もう一つのギリシア史をもとめて

講師名 名古屋大学大学院教授 周藤 芳幸
講座内容
周藤芳幸氏
アテネとともに古代ギリシア世界を代表する都市国家として知られるスパルタ。常に二人の王を戴き、隣国メッセニアを長期にわたって支配するなど、その歴史には様々な謎が秘められています。この講座では、パウサニアスの『ギリシア案内記』第3巻ラコニアを手がかりとして、最新の研究成果に基づきながら、その謎に迫りたいと思います。
日時・期間 木曜 10:30-12:00 01/25~02/22 3回
日程 2018年 1/25
受講料(税込み)
1月~2月(3回)
会員 10,368円
一般 10,368円
教材費
設備維持費
注意事項
講師紹介 周藤 芳幸 (ストウ ヨシユキ)
1962年生まれ。神奈川県横須賀市出身。東京大学文学部、東京大学大学院人文科学研究科で考古学を専攻。1987年から91年までギリシア政府給費留学生としてアテネに留学。日本学術振興会特別研究員、名古屋大学文学部助教授(西洋史学講座)を経て、2005年より名古屋大学大学院文学研究科教授。専門はギリシア考古学、東地中海文化交流史。博士(文学)。エーゲ海先史文化の考古学的研究を出発点として、フィールドからの発想によって古代ギリシア史の諸問題の解明に取り組む。1997年からはアコリス考古学プロジェクトのメンバーとして、中エジプトのアコリス遺跡から出土するギリシア系の遺物やギリシア語碑文などの調査を担当している。主な著書に『ギリシアの考古学』『物語 古代ギリシア人の歴史』『古代ギリシア 地中海への展開』『世界歴史の旅 ギリシア』『ギリシア史』『ギリシアを知る辞典』『古代ギリシア遺跡事典』などがある。

履歴