平家物語を「琵琶」の弾き語りで楽しむ| 名古屋教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

0120-86-1550

月~土 9:30~18:30 / 日 9:30~16:30  

【新設】平家物語を「琵琶」の弾き語りで楽しむ

講師名 筑前琵琶八洲流旭如会会主、琵琶奏者 久世 旭如
講座内容
久世旭如
「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり…」の冒頭で有名な平家物語を、琵琶の調べと語りを鑑賞します。楽器のしくみ、特徴、楽曲や独特な譜の解説などのお話を交え、多彩な音色と歌声が織りなす雅な世界をお楽しみ下さい。楽器に触れて、琵琶演奏に合わせ「祇園精舎」を一緒に語ってみましょう。演奏予定曲目は他に「那須与一」「壇之浦」。
日時・期間 日曜 14:30-16:00 05/13~05/13 1回
日程 2018年 5/13
受講料(税込み)
5月~5月(1回)
会員 3,024円
一般 3,240円
教材費
設備維持費 162円
注意事項
講師紹介 久世 旭如 (クゼ キョクジョ)
旭如会第二代会主、大教範法泰山、寺沢旭如、柴田旭堂に師事、琵琶歴60年。平成27年度名古屋市民芸術祭功労賞受賞。東京都出身。
・筑前琵琶八洲流旭如会
大正4年、当時の実業家・中井己次郎氏らにより、初代宗家安部旭洲が、博多から招へいされ、尾張名古屋発祥の流派として、現在まで連綿と継承。昭和41年、寺沢旭如の元に結成。名古屋能楽堂、名古屋市文化小劇場などの舞台を中心に演奏活動。

履歴