(特)笑いあふれる花緑一門~弟子は“師匠”なり| 名古屋教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

052-249-5553

月~土 9:30~18:30 / 日 9:30~16:30  

【新設】(特)笑いあふれる花緑一門~弟子は“師匠”なり

講師名 落語家 柳家 花緑
講座内容
柳家花緑 / 柳家花緑
落語の世界に飛び込んで31年、戦後最年少で真打となってからは24年目の柳家花緑。みずからが師匠という立場となり、11人の弟子を育てる今だからこそ、目からウロコの発見が…。
初めての弟子を取る時、「教えることは学ぶこと」と、背中を押してくれたのは、五代目小さん
師匠でした。後に花緑が座右の銘としている「弟子は師匠なり」に繋がります。堅苦しい事は抜きで、落語家をめざす若者たちと、育てるつもりが、実は育てられている師匠のデコボコな話を花緑流の笑いで語ります。
もちろん、選りすぐりの二席もお楽しみ!

地図→http://bit.ly/2kpGSeT
日時・期間 土曜 13:30-15:30 08/25~08/25 1回
日程 2018年 8/25
受講料(税込み)
8月~8月(1回)
会員 3,780円
一般 4,320円
教材費
設備維持費 162円
注意事項
ご案内 会場:朝日会館15階(名古屋市中区栄1-3-3)
地下鉄東山線「伏見」駅下車、7番出口より徒歩5分
講師紹介 柳家 花緑 (ヤナギヤ カロク)
1971年東京都生まれ。9歳の頃より落語を始め1987年3月、中学卒業後、祖父である故・五代目柳家小さんに入門。1994年、戦後最年少の22歳で真打昇進。着物と座布団という古典落語の伝統を守りつつも、近年では47都道府県落語などを洋服と椅子という現代スタイルで口演する『同時代落語』にも挑戦し、落語の新しい未来を切り拓く旗手として注目の存在である。2015年には舞台『南の島に雪が降る』で初主演を果たすなど、他ジャンルからのオファーも多く、ナビゲーターや俳優としても活躍中。現在『月刊清流』(清流出版)にて「落語『おもしろ』人間学」を連載中。
公式HP http://www.me-her.co.jp/profile/karoku/

履歴