<明治150年>石川啄木| 名古屋教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

052-249-5553

月~土 9:30~18:30 / 日 9:30~16:30  

【新設】<明治150年>石川啄木 生活詠の源流

講師名 東海学園大教授 加藤 孝男
講座内容
加藤講師
26歳で夭折し、明治という時代を駆け抜けた啄木。『一握の砂』『悲しき玩具』などの作品鑑賞とともに彼の一生を概観し、近代化の中で矛盾をはらんだ明治という時代を考える。
日時・期間 日曜 13:00-14:30 11/11~11/11 1回
日程 2018年 11/11
受講料(税込み)
11月~11月(1回)
会員 2,808円
一般 3,240円
教材費
設備維持費 162円
注意事項
講師紹介 加藤 孝男 (カトウ タカオ)
歌人。東海学園大学教授。1960年、愛知県岡崎市生まれ。中京大学大学院文学研究科国文学専攻博士課程満期退学。
博士(文学)。カイロ大学客員教授、ロンドン大学客員研究員を歴任。「言葉の権力への挑戦」で、現代短歌評論賞受賞。
歌集に『十九世紀亭』(砂子屋書房)、『セレクション歌人13 加藤孝男集』(邑書林)、『曼荼羅華の雨』(書肆侃侃房)、『美意識の変容』(雁書館)、『近代短歌史の研究』(明治書院)、『詩人西脇順三郎  ―その生涯と作品』(共著、クロスカルチャー出版)などがある。

履歴