なぜ、煬帝は「ようだい」と読むのか| 名古屋教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

0120-86-1550

月~土 9:30~18:30 / 日 9:30~16:30  

【新設】なぜ、煬帝は「ようだい」と読むのか ~?から始める中国史

講師名 愛知学院大教授 松下 憲一
講座内容
松下講師
日本では中国の皇帝は武帝(ブテイ)のようにテイと読むが隋の煬帝だけはヨウダイと読む。これはなぜか。またいつからか。『日本書紀』などの文献から検討する。
『日本書紀』『釈日本紀』『貞観政要』などの写本のなかに煬帝にヤウダイとフリガナをつけているものがある。写本が書かれた時期やフリガナを付けた人物について検討していくとヨウダイの読み方をした意図が見えてくる。
日時・期間 日曜 13:30-15:00 05/13~07/08 2回
日程 2018年 5/13
受講料(税込み)
5月~7月(2回)
会員 5,832円
一般 5,832円
教材費
設備維持費 324円
注意事項
講師紹介 松下 憲一 (マツシタ ケンイチ)

履歴