名古屋教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

052-249-5553

月~土 9:30~18:30 / 日 9:30~16:30  

特集

古代都市
サウダーデ
明治150年
語学
お試し
イチオシ

おすすめ講座

(特)写真家が語るフィギュアスケーターたち

スポーツフォトグラファーとしてフィギュアスケートを追い続けている田中宣明さん。 羽生結弦選手や宇野昌磨選手をはじめ数々のスケーターたちの一瞬...

詳細へ ≫

丸山ゴンザレスの世界の混沌(こんとん)をあるく

ジャーナリストとして取材してきた場所のなかには、特別な許可がなくともパスポートだけあればたどり着くことができるところがある。むしろ、そういっ...

詳細へ ≫

(特)世界をフィールドワークする研究者たち

”!”と〝?”にあふれた世界をご案内。

①人類がたどりついた最後の楽園 マーシャル諸島(4/12 中原)
②ゴミ屋敷のな...

詳細へ ≫

興福寺阿修羅像を極める

興福寺に伝わる三面六臂の阿修羅像。少年のような優しい眼差しで合掌する姿は、見る者を惹きつけてやみません。阿修羅像の三つの顔はなぜそれぞれ表情...

詳細へ ≫

玄侑宗久講演会―壽(ことぶき)の思想

中国では単に「いのちながし」という意味だった「壽」が、日本に来ると「ことぶき」と訓まれるようになった。「ことぶき」とは「言祝ぎ」が訛ったので...

詳細へ ≫

(特)迷える者よ! ネルケ無方に聞け~禅の知恵

一瞬一瞬、己の生きる姿勢が問われる現代。職場、家庭、学校で、何が正解なのか迷う日々。檀家ゼロ、自給自足、座禅三昧の修行生活をおくる住職が、「...

詳細へ ≫

対談:あたらしい古代学の潮流

近世の国学以来のながい伝統をもつ日本の古代研究の世界も、21世紀に即したあらたな潮流がもとめられている。第2次世界大戦の敗戦により、明治の天...

詳細へ ≫

なぜ、煬帝は「ようだい」と読むのか

日本では中国の皇帝は武帝(ブテイ)のようにテイと読むが隋の煬帝だけはヨウダイと読む。これはなぜか。またいつからか。『日本書紀』などの文献から...

詳細へ ≫

(特)滑舌が良くなるボイストレーニング

声帯に近い筋肉を鍛えることで、みるみる滑舌が良くなる「フースラーの発声法」。発声療法士の講師だからこその医学的根拠に基づいたメソッドを実践を...

詳細へ ≫

花と光を楽しむハーバリウム

インテリアとしても人気の植物の瓶詰め。用意した材料からお好みのものを選んで。教材代・約2,000円(教室内にて支払い)

詳細へ ≫

リンク

森林文化協会
バナー広告募集中